ファスティングの準備食・回復食は動物性たんぱく質を抜いたさっぱりとした食事

ファスティングの準備食・回復食で動物性たんぱく質を抜く理由

  • 早く断食のモードにしたい
  • 肝臓と腎臓の負担を減らすため
  • 毒のリスクを減らすため
  • 腸内環境を整えてリバウンド防止

ファスティングの準備食、回復食のポイントは、肝臓・腎臓に負担のかけずに、なおかつ血糖値を安定させる食事をすることが大切になります。

そのなかで、動物性たんぱく質は、有害物質のアンモニアを発生させるため腎臓・肝臓に負担をかけてしまいます。

ファスティングの目的は、ダイエットだけではなく、デトックス。

デトックスのほうが、ファスティングの主の目的でもあります。

では、デトックス、解毒はどこが担当してくれているの?というと、肝臓・腎臓が担ってくれています。

準備食で肝臓・腎臓を労わる食事ができると、断食のスイッチも入りやすくなりますよ。

そして、ファスティング前後は、とくにクリーンな食材を選んでいきたいものです。(できる限りで大丈夫です)

その点でいうと、動物性のものほど、毒が多い傾向にあるのです。

これは、食物連鎖の上のほうになればなるほど、有害物質が濃縮していきます。

肝臓・腎臓に負担をかける肉・魚・卵を控えることで、ファスティングの目的でもあるデトックス(解毒)の効果を高めるのと同時に毒のリスクを減らすことができるのです。

回復食でも同じく、肝臓・腎臓に負担のかけないクリーンなものを選びたいですね。

魚の出汁や鶏の出汁から始めて、徐々に動物性たんぱく質を増やしていくといいですよ。

決して、動物性たんぱく質がダメなわけではなく、ファスティング前後の食事としては抜きたいのです。

普段は、炭水化物過多にならないように、まごわやさしい+お肉+味噌汁+ご飯が理想だと思います。

発酵食品もお忘れなくです。

まごわやさしい食事とは?

ま・・・豆類

ご・・・ごまなどの種実類

わ・・・わかめなどの海藻類

や・・・野菜

さ・・・魚

し・・・しいたけなどのきのこ類

い・・・いも類

それぞれの頭文字をとって、「まごわやさしい」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です