春のわっぱ弁当|桜エビの混ぜご飯と春野菜のお弁当

こんにちは。管理栄養士の村山ひろみです。

最近は、わっぱ弁当づくりにハマっています!

今回は、「桜エビの混ぜご飯」と「春野菜」のお弁当です。


春野菜には、こんな作用や栄養素があって~と言うのは、ひとまず置いといて。

桜エビも、アスパラも、菜の花も、とっても色鮮やかでキレイ!!

お弁当を作りながら、出来上がりを眺めては、ウキウキ気分に♪

それでは、お弁当の紹介をします。

春のわっぱ弁当のメニューについて

今回のお弁当は、「春野菜をたっぷり使うのだ!」と思い、スーパーに買い物へ。

メニューとしては、

・桜エビの混ぜご飯
・鶏肉とたけのこの照り焼き
・菜の花の和え物
・アスパラのオリーブオイルソテー

です。

春のわっぱ弁当レシピ|桜エビの混ぜご飯の作り方

私は、時間がない時は、混ぜご飯派です!

正直、炊き込みご飯も、ちょっとめんどい・・。

チャーハンもめんどいし、油っこくなるので、混ぜご飯派です。

なので、具材を混ぜるだけ!味付けはめんつゆや醤油で!という感じでいきます。

『桜エビの混ぜご飯』の材料

・ご飯(すでに炊いてあるご飯) 1人前
・桜エビ お好みで
・たまご 1個
・大葉 2杯程
・すりごま 少々
・白だし 適当

『桜エビの混ぜご飯』の作り方

①卵1個で、炒り卵を作る。
※味付けは、白だしのつゆで付けています。

②ボールにご飯、炒り卵、刻んだ大葉、すりごま、桜エビを好みの量入れ、混ぜる。

③白だしで味付けをする。

『桜エビの混ぜご飯』のポイント

※炒り卵があると、彩りの良いお弁当になります。

※桜エビのチャーハンでも良いですが、混ぜご飯のほうが油っこくなく、さっぱり食べられます。

※炒り卵を作る時間がない時は、卵無しでも良いかと。

※味付けは、白だし意外にも、めんゆつや醤油でもOKです!

桜エビに塩分があるため、②で混ぜた後に、一度味見をしてみると良いですね。

春のわっぱ弁当レシピ|春野菜の使い方

お弁当で春野菜を使う時のポイント!

①鶏の照り焼きを作る時に、春はたけのこを入れると良いです。

右上のメニューは、分かりにくいですが、鶏肉とたけのこの照り焼きです!


②アスパラは、大きく存在感を出そう!

お弁当箱の大きさに合わせて、アスパラを切ります。

そして、色を引き出すために、オリーブオイルでソテーをして、少し塩を振る。

ごちゃごちゃ味付けしないほうが素材が活きます。


③菜の花は、花の部分が大事です!

茎の部分は食べやすい大きさに切っても良いですが、花の部分は蕾(つぼみ)が分かるように、残しておきます。

花の部分がぐちゃぐちゃになると、華やかさに欠けます。

それでは、春のわっぱ弁当について紹介しました!

ぜひ、彩り鮮やかなお弁当で春気分を楽しんでいきましょう。

また、作りますね。

2万人以上が参加する朝活ネットワーク富山で、7月17日(日)にお話します。

詳細ページはこちら