【毒だし講座】肝臓の働きを応援する食事~春は解毒・肝臓の季節ですよ~

春は肝臓の季節

冬に縮こまり固まった心と体が春に馴染めず、神経と解毒に異常をきたしやすいのが春の時期。

花粉も飛び、何だか心もざわつく・・・

冬は、いわゆる「冬眠モード」だから、良いものだけではなく、悪いものも溜め込んでしまう時期なのです。

冬に毒素や老廃物、脂肪を余分に溜め込んでしまっていると、春の解毒の時期に、自律神経を乱し、花粉やアレルギーもやられてしまう。

心も何だか焦ったり、落ち着かなったり、変にざわつくなど、精神の不安定さが出やすいのも特徴ですね。

 

 

まず今日は「初心者のための毒だし講座~食べるリスクを減らす方法&毒だしのコツ」を開催しました。

参加者様、ありがとうございました。

今回は、基本の毒だし講座に、春の毒だし法をプラスして、時間ギリギリになってしまいました!すみません。

少し、講座の情報をシェアしたいと思います。(春の毒だし講座は年1回なので、次回は1年後になってしまうので)

 

春野菜の特徴とは?

さて、春野菜のどんなポイントが、肝臓を応援してくれるのでしょうか?

春野菜って、ほろ苦くて、独特の香りがありますね!

まさにこれらが、肝臓の働きを高めてくれるのです。

なので、まずポイントはほろ苦くて、独特の香りのするものをこの時期は食べたいですね。

人参や玉ねぎは年中出回っていても、春野菜って、この時期にしか出回らない。

自然は、ちゃんとその時期に必要なものを与えてくれているのです。

これがまさに旬を食すことの恩恵です。

春の食材とは?

  • 菜の花
  • わらび
  • ふきのとう
  • たけのこ
  • よもぎ
  • ふき
  • うど
  • キャベツ
  • さやえんどうなど

春野菜の調理法

春野菜は、身体を冷やす陰(カリウム)が強いので、茹でてアク抜きをしたり、揚げ物・炒める・煮るなどの調理法で食べましょう!

(もともと灰汁が強いので、生では食べないですが)

春野菜はよく天ぷらにしますね。

わらび・ふきのとう・たけのこの天ぷらはとっても美味しいし、油は、野菜の苦味や灰汁を感じにくくしてくれます。

  • 春野菜のてんぷら
  • 菜の花の煮びたし
  • 海藻も旬なのでたけのこと合わせて、若竹煮
  • 陽の性質の味噌と合わして、酢味噌和え

などもおすすめです。

深く考えなくても、春野菜をシンプルに美味しく食べる料理が、これもまた理にかなっています。

どうぞ、春野菜を純粋に身体が求む量(美味しいと思う量)で楽しんでくださいね~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です