自分の体をもっと大切にしようと思うきっかに。自分の体を感じるということ。~50代女性~

50代女性 ファスティングの感想です。

ファスティングの感想を教えてください。

食事を摂らないことの辛さは全くなかった。

まだまだ続けることもできそうな程だった。

体調の変化があった時のアドバイスはその通りにすると必ず良い方向に向かい安心感があった。

目に見える大きな変化というよりは、そういえばここが少し良くなったかも・・・というくらいの小さな変化だが、自分の体をもっと大切にしようと思うきっかけになった。

どのような方にファスティングをおすすめしますか?

  • 小さな不調がたまっている方
  • ついつい食べてしまうことをやめられない方
  • いらないものを体から出してしまいたい方

 

普段から、体の小さな変化に気づけていますか?

ついつい無理をしたり、見て見ぬふりをしてしまったり・・・

自分の体と向き合い、そのときの状態を感じて生活している方は少ないものです。

ましてや、自分の体をもっと大切にしようと感じれるほど、意識を向けることはなかなかできないのではないでしょうか?

小さな不調が続くと、食生活も乱れます。

(疲れたときに甘いものを食べたくなる、元気のないときにコーヒーを飲みたくなる等)

その反対で、食生活が乱れるから不調になるのか。

(甘いものを食べると頭痛がする、小麦を摂ると肌が痒くなる・便秘になる等)

どちらが先かはわかりませんが、こうして不調と食生活・生活習慣の乱れの負のスパイラルが始まるのです。

ファスティングは一つのきっかけです。

きっかけに過ぎないのかもしれません。

ダイエット効果で数字や見た目で大きな変化が現れる方もいれば、変化は小さいながらも、本質的な気づきを得る方もいます。

ファスティングをすることで、自分の体の小さな点と点がつながるような気づきです。

そこから負のスパイラルを抜け出すヒントがみえてきますよ。

今年最後のグループファスティング

☑ 一人ではダイエットを頑張れない。

☑ 体が重だるくて、やる気がしない。

☑ 本当は綺麗に痩せて、自分に自信が欲しい!

そんな方へ

グループファスティングの詳細とお申込みはこちらをご確認ください!

 

村山弘美のファスティング実践を公開しています!

★【特典】グループファスティングの回復食に役立つ味噌汁10選

★ファスティングの準備食|外食でのメニュー選び方について

★ファスティングレポート|準備食2日目は薬膳カレーを食べました!

★ファスティングレポート|断食しなければ良かった・・

★甘酒ドレッシングを紹介|ファスティング回復食1日目のメニュー

★ファスティング回復食2日目の夜におすすめなメニューとは?

★【管理栄養士が実践】ファスティング回復食3日目のメニュー

ファスティングレポートはこちらからもご覧いただけます。

 

ファスティングをお考えの方に読んで欲しいブログ記事

★【初級者】3日間ファスティングのやり方と効果

★【中級者】5日間ファスティングのやり方と効果

 

個別ファスティングをお考えの方へ

★自宅でファスティング|管理栄養士がオンラインサポート

 

無料相談・カウンセリングについて

★ZOOM・対面|ファスティング無料相談

★【最新】カウンセリングの場所についてのご案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です