【ダイエット】ベジタブルファーストで野菜から食べましょう。

「何を食べるか」と同じくらい大切なことが「どう食べるか」です。

忘年会、クリスマス、年末年始と宴会やパーティーが増える季節ですが、ご馳走は食べてもいいんです。

だって、「食べる」ことはただ栄養素を身体に入れるだけではなく、最高のコミュニケーションの場でもあると思います。

そのときは、食べ方を工夫して、思いっきり楽しみましょう!

では、何かと「食べる機会」が多い12月を乗り切るために、役立つ「食べ方」を紹介します。

 

「ベジタブルファースト」とは

一番最初に野菜を食べましょう。という意味です。

野菜だけではなく、ヘルシーで食物繊維豊富なきのこ、海藻も初めに食べると良いです。

さて、なぜ野菜から食べたほうがいいのか?

野菜やきのこ、海藻から食べることで、血糖値の上昇が緩やかになり、満腹感も感じやすくなります。

つまり「太りにくい食べ方」になります。

 

反対に、ご飯や麺類、パンなどの炭水化物から食べると、血糖値が急に上昇し、インスリンが大量に分泌されることで脂肪を蓄えようとします。

定食を食べるときでも、まずは野菜やお味噌汁から。

イメージとしては、コース料理、会席などで出てくる順番が理想ですね。

 

家庭でも外食でも、サラダや野菜スープなどから食べて、魚やお肉などのタンパク質、糖質の多いご飯は最後に食べることを心がけましょう。

 

 

旬の冬野菜

そして、これからの時期、野菜をたっぷり食べられる野菜スープや味噌汁、そして手軽な鍋料理は助かりますね。

大根

晩秋から冬にかけての大根は特に甘みが増します。

大根おろしを鍋に入れて、みぞれ鍋にするとさっぱり食べられます。

その他にも、酢の物、サラダ、おでんなど様々な料理に使えます。

 

白菜

火を入れることで甘みが増しますので、これからの冬の時期には最適です。

 

春菊

春菊は、独特な香りがしますね。この香り成分には咳を抑えたり、痰を切る効果があります。

ただこの香りと苦味は好き嫌いが分かれる野菜なので、みんなで食べる鍋は入れる前に確認すると良いかと。

 

ねぎ

年中出回っていますが、冬に甘みがまし、風邪予防に最適にお野菜です。

あのねぎのヌルヌル成分には、免疫力アップ効果があります。

 

楽しく宴会・パーティー、家族・知人との時間を楽しみながら、「野菜ファースト」でいきましょう。

 

管理栄養士がサポートするファスティングコースのご案内

 

【自己紹介】管理栄養士のパーソナルファスティング・食事サポート 村山弘美 

 

ファスティングで失敗しないための7つのステップ(無料メルマガ)

メルマガの購読はこちら(無料です)

  1. 管理栄養士がなんでファスティングなの?
  2. テレビの情報に流される時代は終わりました。
  3. 添加物に気を付けていても摂っていますよ。
  4. 食べるリスクを減らす方法
  5. 自己流ファスティングではなんだかなぁ~ファスティングってそんなものではありませんよ!
  6. 甘いものがやめられない?
  7. 脂肪燃焼とリバウンドの分かれ道を乗り越える心構え

是非、ファスティングの参考にしてくださいね♪

メルマガ会員様限定の3つの特典

  1. 初回15分無料相談はメルマガ会員様のみ
  2. グループファスティングを優先的にご案内
  3. メルマガ会員様限定お得なキャンペーン情報

 

ご連絡・フォローはこちらから

村山弘美のFB

FB・ブログ・メルマガで情報発信をしていきます(^^)/

 

【メール】nature@sowelunagoya.com

メールでのお問合せはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です