チョコレートとコーヒーの組み合わせがやめられない人の特徴

チョコレートとコーヒーがやめられない!

チョコレートとコーヒー(カフェイン)のコンビがやめられない方って意外と多い。

私がカウンセリングしていてもよく見かけるパターンです。

 

この併用は、ご本人が意識していないものの、エネルギー代謝がかなり悪いだろうと推測できるからです。

チョコレートの糖

エネルギー代謝を活発にするカフェイン

の組み合わせになります。

 

 

本来、チョコレートもコーヒーも嗜好品として、適量で楽しむ程度なら良いかと思います。

それに、チョコレートとコーヒーの組み合わせは、よく合うと思います(笑)

 

美味しいです(笑)

 

ただ、日常的に欲する人。

これが問題なのです。

 

だって、我慢できない!って反応が。

チョコレートとコーヒーのコンビをやめられない!

 

「このやめられない」の悪循環・依存している方にはある特徴があります。

 

こんな症状ありませんか?

カウンセリングでも、痩せにくい、疲れやすい、倦怠感、生理前の症状・生理痛がひどい、冷え、肩こり、脱力感、頭痛等の症状にひっかかる場合が多々あります。

 

もし、これらの症状が目立つのであれば、エネルギー代謝がかなり悪いのではないかと推測し、この組み合わせを手放せない悪循環に陥っているのだと。

 

とくに、チョコレートには鉄分も含まれるため、チョコレートを無意識に求める理由にもなります。

 

甘さを持たないチョコレートにはポリフェノールがあり、身体に良いのでは?と思われるかもしれません。

 

もちろん、ポリフェノールの良さもあります。

 

ただ、依存している、やめられないという反応と症状を照らし合わせての総合判断で、やはりエネルギー代謝の悪さは否めません。

 

そして、チョコレートには、チラミンというホルモン系を揺さぶる物質が多いので、やはりオススメできませんね。

 

生理前になるとチョコレートを食べたくなる女性が、とっても多いです。

 

生理前の症状、生理痛に悩まされていたり。

 

エネルギー代謝を上げるためには運動は欠かせません。

 

食事の面では、代謝に必要なマグネシウムとビタミンB群も必須となります。

 

日本食食べてね。必要ならサプリもありです。

 

笑うこと、感動する出来事を増やすこともエネルギー代謝に重要です。

趣味を持つことも♪

 

そして、チョコレートとコーヒーをゼロにするという極端なことではなく、カフェインレスのものに置き換えることや、ノンカフェインのハーブティー、日本茶なら番茶やほうじ茶にするなど、置き換えることからスタートしてみてはどうでしょうか。

 

私もチョコレート・コーヒーの組み合わせ嫌いではないですよ。

でも、嗜好品はあくまで美味しく食べられる範囲で。

依存してしまう前に、体と心のメンテナンスです。

  -キャンペーン情報-

  ファスティングコース&食習慣コース、

  全4コースでキャンペーン中です!

  お問合せ締め切りは9月30日(木)まで。

  ぜひ、キャンペーン情報もご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です