内臓脂肪と皮下脂肪の違いとは|あなたはどちらを落としたいですか?

こんにちは。管理栄養士の村山です。

早速ですが、あなたは、内臓脂肪と皮下脂肪どちらを落としたいですか?

できたら両方落としたい!といった声が聞こえてきそうです。

内臓脂肪も皮下脂肪も必要以上にはいらないですよね。

しかし、内臓脂肪のほうは落ちやすく、なかなか落とせないのが皮下脂肪だと言われています。

今日は、内臓脂肪と皮下脂肪の特徴を知って、落とすまでにどんなことに取り組んだら良いか紹介します。

注目されているメタボリックシンドローム

メタボって言葉聞いたことありますか?

メタボは、内臓脂肪型肥満と言われ、様々な病気の引き金になると言われており、内臓の周りに脂肪が付くのは良くないのです。

健康診断の時にお腹周りを測り、腹囲の基準(男性85㎝、女性90㎝以上)以外に、BMI、血糖値、脂質、血圧の値から判断されます。

そして、内臓脂肪は付くと、お腹も出てきて見た目的にも残念ですよね。

それでは、美しく健康的な身体を手に入れるためにも、内臓脂肪と皮下脂肪の特徴をまずは理解しましょう。

 

内臓脂肪と皮下脂肪、どっちが落ちやすい?

結論から言えば、内臓脂肪のほうが落としやすいです。

そもそも内臓脂肪って何?

内臓脂肪とは、体の深部、内臓の周りに付く脂肪のことです。

内臓脂肪の特徴

  1. 男性が溜め込みやすい
  2. リンゴ型肥満
  3. エネルギー貯蔵

エネルギー貯蔵なので、運動・ファスティングなどでエネルギー不足になると皮下脂肪より先に使われます。

つまり、皮下脂肪より落としやすい。

 

皮下脂肪は落ちにくいって本当?

皮膚の下に付く脂肪のことです。

皮膚の下に付くので、見た目に現れやすく、つまむことができる部分です。

皮下脂肪の特徴

  1. 女性が溜め込みやすい
  2. 洋ナシ型肥満
  3. クッションの役割

特に、下腹、おしり、ももに付きやすいのは妊娠に備えて、子宮を守るクッション役になっているからです。

クッション役と言うことは、守りが強いので内臓脂肪より、落ちにくい特徴があります。

皮下脂肪まで落とそうと思えば、運動と食生活の取り組みが長期的に必要になってきます。

 

焦らず、じっくり取り組めた方は、皮下脂肪まで減らすことができるでしょう。

脂肪を減らしたいのなら、スイーツに注意!

糖質と脂質の組み合わせ

それも日中ではなく夜に食べていると

確実に、皮下脂肪になります!

これだけは、まずやめましょう!

 

食事をちゃんと食べて、

夜のスイーツを控えて、運動を取り入れてみてくださいね(^^)/

 

ダイエット中の方に、食事を減らし過ぎて、その反動で甘い物(糖質ってすぐエネルギーになるから)を食べている方がいますが、まずは食事で規則正しくです。

 

ファスティングはお腹のぜい肉を落としたい方にぴったり

お客様の声:諦めていたウエストラインが復活

以前からファスティングは興味があったものの、素人が一人でやるのは危険と言われていたので村山さんに指導していただきました。

5日間のコースでしたが、村山さんの指導がなかったら途中で挫折していました。

真夏の暑い時期でしたので、お店で買った岩塩が本当に美味しかった(笑)

また復食の時も「何を食べたらいいか」のアドバイスをいただき本当に助かりました。

体重は1キロ減りましたが、それより諦めていたウエストラインが復活していました。

何よりびっくりしたのが、あんなに大好きだった甘いものが欲しいと思わなくなりました。

毎日何か甘いものを食べていた私が、食べる量が格段に減りました。

それより野菜がすごく美味しい。

体のデトックスをしたいので、また改めてチャレンジしたいです。

まとめ

今日は、内臓脂肪と皮下脂肪の特徴について紹介しました。

●内臓脂肪のほうが落としやすい

●皮下脂肪のほうが落ちにくい

という特徴はありますが、脂肪になりやすいのは、スイーツ等の間食が原因のことが多いです。

スイーツ女子、スイーツ男子を少しでも卒業できると脂肪が付きにくくなります。

そのためには、まずは規則正しい食事をして、スイーツへの欲求を減らしましょう。

それでは、今日もお読みいただき、ありがとうございました。

=========
あなただけのファスティングメニュー
管理栄養士がサポートします。
ファスティングの説明・料金・申込は公式HP
=========

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です