ファスティングの頭痛はカフェイン離脱頭痛?|頭痛の原因と対策を管理栄養士が解説

こんにちは!

管理栄養士の村山弘美です。

ファスティングで起こる症状として一番多いのが「頭痛」です。

「ファスティングって頭痛しますか?」

「ファスティングで頭痛がしたらどうしたらいいですか?」

「ファスティング中に梅干しを食べるといいと聞きましたが、どれくらい食べていいですか?」等々。

実際に、自己流ファスティングで頭痛がひどくて途中でやめた話も聞きます。

原因と対処方法を知らないと不安になりファスティングを中止してしまうことになります。

 結論から言えば、ファスティング前(準備食~1週間程前)に頭痛の原因になるカフェインや甘い物の過剰摂取を控えることで、頭痛のリスクはグッと減ります。 

つまり、準備食を取らずに直前までカフェインを摂取して甘い物を食べたまま入るとひどい頭痛に悩まされる傾向にあります。

なので、この記事では安全に安心してファスティングを行えるように、頭痛の原因と対処方法をご紹介しますね。

この記事を読んで、頭痛に悩む辛いファスティングから卒業しましょう。

ファスティング|頭痛の原因と対処方法

まずは断食前に出来る2つのことを紹介します。

ファスティングの頭痛で一番多い「カフェインの離脱頭痛」

ファスティングをすると決めたら、あなたがすぐ取り組むべきことがあります!

それは、普段のカフェイン摂取を振り返り、カフェインを抜くことです。

この取り組みが早ければ早い程、断食中に頭痛で苦しむリスクはグッと減ります。

「カフェイン離脱頭痛」という言葉があるように、カフェインを抜くと1日~2日後から離脱症状として頭痛が起きることがあります。

この頭痛は、ファスティングによる好転反応ではなく普段のカフェイン摂取による離脱症状で起きています。

なので、本格的な断食に入る前準備でカフェインを抜いておくことが最も大切です。

カフェインってどんなものに含まれているの?

日常的に口にするもので多いのはコーヒーです。

まずはコーヒーの摂取を止め、ノンカフェインのハーブティーに代替えすることです。

コーヒー以外にも、紅茶や緑茶、ほうじ茶、ウーロン茶にも含まれ、ココアやコーラにも含まれています。

デカフェもカフェイン0ではありません。

そして、カフェインの効果に眠気覚ましや疲労回復があることから、元気の出る系のエナジードリンクや栄養ドリンクにも多く含まれています。

また、頭痛薬等、医薬品にも使われており、鎮痛剤を常用している方も要注意となります。

コーヒーだけではなく、普段の生活のあらゆるところにカフェインは潜んでいるので、依存性(習慣性)がある方は複合的にカフェインを摂取している可能性があります。

まずは、飲み物と服用している薬やサプリを見直してみてくださいね。

そして、カフェインは習慣性があり日常的に求めてしまうため、ここであなたの勇気が必要となります。

ファスティングをすると決めたら、早くカフェインを抜くことをしてみてください。

その時に役立つのが、ノンカフェインのハーブティー(ファスティングと相性がいいのはルイボスティー)です。

カフェインによる離脱頭痛の対処方法

 ファスティング1週間程前からカフェインを抜いて断食に備える。 

準備8割、本番2割!

ここでカフェインフリーが出来たら、本格的な断食での頭痛対策は8割出来たことになりますよ(^^)/

もし離脱症状による頭痛に苦しんでも1~2日を超えると楽になっていきます。

なので、ファスティングをやめるのではなく「3日目・4日目には解消していること」をイメージして乗り越えましょう。

低血糖による頭痛にも気をつけて!

普段から砂糖たっぷりのスイーツやチョコ、アイスクリームや洋菓子・和菓子など甘い物の摂取が多いと血糖値の乱高下を招き、ファスティング初期にエネルギー不足を感じやすく、しんどいファスティングになります。

そのうえ、血糖値を安定させてから断食に入るとファスティングが楽に行えるだけではなく、頭痛対策にもあります。

低血糖でなぜ頭痛が起きるの?

普段から甘い物(糖)に身体が依存していると、ファスティングで糖の摂取が減ることでエネルギー不足になります。

これは脳も同様で、不足を補うために必死に糖を要求するようになります。

その際、「糖が欲しいよー!」「ちょうだい!ちょうだい!」と脳の血管を広げて糖を要求します!

そのためズキズキするように痛み、ボーーーと押し広げられるような頭の重さを感じるのです。

低血糖による頭痛の対処方法

 ファスティングドリンク(糖質)の飲む量と回数を増やすと治まります。 

ドリンクを飲むときは原液のままではなく、水で薄めて飲むようにしてください。

薄めたドリンクを飲む回数を増やすことで血糖値も安定しやすいです。

低血糖による頭痛|吐き気が伴う場合は要注意!

低血糖には、頭痛以外にも不安や手の震え、発汗、吐き気などがあります。

頭痛だけではなく、これらの症状も合わせて出ている場合は中止することも検討する必要があります。

途中で辛い思いをして中止することのないように、準備の時から甘い物の摂取は極力控えましょうね。

※料理に使う砂糖ぐらいは許容範囲です。ただし、お惣菜や外食は味付けが濃いため注意が必要です。

低ナトリウム状態による頭痛

普段から塩分を摂り過ぎていると、断食に入って低ナトリウム状態になります。

塩分をたくさん摂っているのに、低ナトリウム状態!?と思いますか?

断食に入ると塩分の摂取量が減ります。

しかし身体は特に断食の初日はいつも通り塩分(ナトリウム)を排泄してしまいます。

その際、普段からの塩分摂取量が多い方ほど、通常通り排泄されて低ナトリウム状態になってしまうのです。

ナトリウム濃度が下がると血管は拡張して頭痛を起こすことがあります。

低ナトリウムによる頭痛の対処方法

 準備食で薄味を心がける。断食中に頭痛がしたら、梅干か天然塩を舐める。 

準備食で薄味を心がけることで、断食に入ってからの急激なナトリウム欠乏を防ぐことができます。

そうは言っても、断食中に頭痛がしたら塩分(ナトリウム)を補うことで頭痛は和らぎます。

脱水による頭痛

ファスティング中は、筋肉や細胞に水分を摂り込むミネラル(ナトリウム・カリウム)が不足して、本人が自覚している以上に脱水を起こしやすいのです。

そして、頭痛とともにぐったり力が出ない・・・といった状態に!

脱水による頭痛の対処方法

 水分と塩分(ミネラルの含有量の多い天然塩、または梅干)を両方、こまめに摂取する。 

まとめ

ファスティング中の頭痛は好転反応とも言われていますが、準備と断食中の適正な対処方法で乗り越えることができる症状の一つです。

もちろん、あまりに辛い場合は無理せず中止してください!

でも事前の対策と対処方法を参考に、できる限り頭痛で苦しむファスティングから卒業しましょう。

まとめです。

準備で出来る3つのこと

ノンカフェイン

甘い物の摂取を控える

薄味を心がける

断食中の頭痛対策に欠かせない3つのアイテム

ドリンク・塩分(天然塩・梅干)・水分

  1. 低血糖による頭痛は、ドリンクの飲む量・回数を増やす
  2. 低ナトリウムによる頭痛は、天然塩または梅干を摂る
  3. 脱水による頭痛は、お水と塩分を一緒に摂る
 つまり、ファスティングドリンクを多めに小まめに飲みながら、梅干・天然塩とお水の摂取も忘れなければ対処できます。 

脱塩は危険なので、ファスティングドリンク以外にも天然塩と梅干をご用意くださいね。

ファスティングで必要な4つのアイテムはこちらの記事で紹介しています。

では、ありがとうございました。

◆美しく健康的に痩せるミネラルファスティング◆

◆ファスティング無料相談はこちら◆

登録無料|ファスティング30日間無料メール講座

6カ月でマイナス15㎏達成した食のプロ管理栄養士が、ファスティング・ダイエットを成功に導く方法を無料公開中。

管理栄養士・プロフェッショナルファスティングマイスター

村山弘美

管理栄養士・栄養士として病院や福祉施設で勤務したのち2014年に独立。

延べ2,800人の食事指導・ファスティングサポート。

ファスティング初サポートリタイヤゼロの実績があり、ファスティングを成功に導くサポート体制を確立。

現在は、起業家やプロのアスリート・芸術家など心身のコンディションを整え、パフォーマンスを上げたい方のトータルサポートをしている。

さらに多くの方の多様な悩みを解決し、健康で幸せな毎日を過ごせるようにサポートします。

 

ご連絡・フォローはこちらから

村山弘美のFB

FB・ブログ・メルマガで情報発信をしていきます(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です