見た目年齢|若い人・老けている人の違いって何?

こんにちは。管理栄養士の村山弘美です。

今日は、見た目年齢の若い人と老けている人の違いについて書きたいと思います。

私は30代後半なのですが、周りを見わたすとそろそろ見た目年齢の差が出てきたな~と感じています…。

では、見た目年齢を若くする方法もお伝えしながら紹介していきます(^^)/

そういう私も・・・

昔は、見た目より老けて見えた時期がありました。

まあ、太っていたというものありますが(汗)

不規則な生活と不摂生もしていたせいもあります。

見た目だけではなく、体調もイマイチ優れない!

朝がなかなか起きられない、目覚めが悪く、午前中は集中力がない。

午前中に集中力がないのなら、午後から出てくるかと言えば午後もぐったり…。

なぜか、夜になるとやっとやる気が出てくるので、夜更かし・・・。

完全に悪循環です。

精神面ではイライラしやすく、気分のムラもありました。

痩せにくくて太りやすい。

そんな悩みを抱えていた20代より、今のほうが元気で見た目も若い!って周りには言ってもらえます。

では、どんなことに気を付けながら生活すると良いのかお話していきますね。

まず最初にとっても大切なことは、食事だけではなく生活習慣も含めて振り返ってください。

私がいつも、カウンセリングでも講座でも言っていることでもありますが、

しっかり食べて

運動して

便を出して

よく寝る

つまり、規則正しい生活、不摂生を日常的にしないことです。

なぜ食事だけではなく、睡眠も大切なのか?運動も必要なのか?を説明していきますね。

新陳代謝って何?|お肌のターンオーバーは何日か知っていますか?

女性なら、『お肌のターンオーバーは何日?』『お肌の曲がり角はいつ?』『お肌のゴールデンタイムは何時?』と気になるフレーズですね。

ちなみに、お肌のターンオーバーは28日周期と言われています。

28日周期で、お肌の古い細胞が新しい細胞に入れ替わっていることになります。

この入れ替わり作業を『新陳代謝』と言います。

そして、この新陳代謝を滞りなく行うために必要不可欠なのが、まずは栄養素です。

これは、ビタミンやミネラル、たんぱく質だけ摂っていれば良いかと言えば、そうではありません!

お肌にはビタミンC---♪コラーゲン♪と言うことではなく、そもそも新陳代謝とは何か?を考えましょう。

イメージしてください。

細胞というお家があります。

この細胞というお家を28日周期で建て替えていることを新陳代謝と言います。

このお家を建て替えるのには、たんぱく質という材料はもちろん必要です。

でも、炭水化物や脂質といったエネルギー(職人)がなくては、材料だけあっても家を建て替えることはできません。

材料と職人だけではなく、細かなサポートをしてくれるビタミン・ミネラルといった補佐もなければ立派な家は建てることができないです。

つまり、新しいピカピカの丈夫なお家に建て替え続けられる人は、見た目も若い・元気。

反対に、糖質制限や脂質を控え過ぎてエネルギー不足・・・。

エネルギーを作る時に必要なビタミン不足や、補佐役のミネラル不足の状態では、細胞の新陳代謝がスムーズに行うことができなくなります。

これが、細胞レベルでは28日周期で入れ替わるはずの細胞が、エネルギーや栄養素不足で周期が遅れれば、老化を早めることになります。

丈夫な家を建てる材料が不足すれば、たるみやシワといった形で現れます。

ありきたりですが、基本中の基本は『バランスよく食べる』ことです。

こんな食生活に注意

『バランスよく食べる』って、なかなか難しい方もいるかもしれません。

まずは、

こんなんとか。

こんなのを、食事にするのはやめましょう!

特に菓子パンは食事ではなく、スイーツと同じなので食事ではありませんよ。

ご飯があって、おかずがあって、お野菜があって、汁物がある!

まずは単品メニューから卒業しましょう。

なんで睡眠は必要なの?

『お肌のゴールデンタイムは、22:00~2:00』と言われています。

私たちは、寝ている間に疲れを癒し、体を休めているだけではありません。

実は、細胞の修復、細胞治しは、寝ている間に活発に行われています。

なので、せっかく新陳代謝に必要な栄養素をしっかり摂っていても、睡眠不足だと新陳代謝が活性化するチャンスを減らすことになります。

寝ている間に、新陳代謝を促すホルモンが分泌されるので、『睡眠を疎かにすること』は『若さを削ること』になります。

朝を制す者が夜を制す

『早寝早起き』という言葉があるように、起きる時間と寝る時間を別々に考えるのではなくセットで考えましょう。

お肌のゴールデンタイムを逃さず、早く寝るためには早く起きること。

睡眠のリズムは、起きてから15時間後に眠くなると言われています。

遅起きは、遅寝につながりますので、まずは起きる時間を意識しましょう。

実年齢と体年齢も違う?

私は、家でオムロンの体重計を使用しているのですが、測定すると体重以外にも、体脂肪率・内臓脂肪レベル・筋肉量・基礎代謝量が出てきます。

そして、体年齢というものも出てきます。

そもそも体年齢って何?となりますね。

オムロンさんのHPには、体年齢について、このように記載されています。

体年齢とは何ですか?

体年齢とは基礎代謝をもとにカラダの状態を年齢であらわしたもので、
オムロン独自の指標です。

基礎代謝は体重、体脂肪率、骨格筋率などを総合して算出しているため、
体年齢は自分の体を総合判定する目安になります。

(出典)https://www.faq.healthcare.omron.co.jp/faq/show/4158?category_id=410&site_domain=jp

つまり、基礎代謝基準値より、基礎代謝が高ければ高いほど、体年齢は若いことになります。

次に、基礎代謝について説明します。

基礎代謝って何?

基礎代謝量は、覚醒状態で必要な最小限のエネルギーであり、早朝空腹時に快適な室内(室温など)において安静仰臥位・覚醒状態で測定される。

新食品成分表FOODS2018 とうほうより引用

つまり、何もしない・安静にしている状態で、生きていくために必要な最低限のエネルギー量ということになります。

私たちは、特に体を動かすことをしなくても、生きていくために心臓を動かし、呼吸をし、食べた物はそのままではなく、消化吸収にエネルギーを使って生命維持しています。

この基礎代謝は、先ほどの新陳代謝のように物質代謝ではなく、エネルギー代謝になります。

運動をすると基礎代謝も上がる?

筋肉が少なく、脂肪が多い女性は基礎代謝量が少なくなります。

そのうえ、年齢とともに筋肉は落ちていくので、運動習慣を今から身に付けておくことは大切なポイントになりますね。

まとめ

見た目に直結するお肌のターンオーバーを例にお話をしましたが、お肌だけではなく、爪・髪・歯以外の部分は新陳代謝を繰り返しています。

その周期は、だいたい120日で入れ替わっているので、今の食生活・生活習慣が4カ月後のあなたをつくります。

その積み重ねで、5年後・10年後ができているのだとしたら、30代でそろそろ見た目に差が出てきて、40代でその差はひらくのではないでしょうか。

細胞が入れ替わっているって言われても、短期的には見た目の変化に気付くことができないものです。

見た目が若い人と老けている人の違いは、日々の食生活・生活習慣の積み重ねの差になります。

1日3食。

たかが3食でも、1年にすれば1,000食を超えます。

80歳まで生きれば、80,000食以上になります。

新陳代謝に必要な栄養素を摂るためにバランスよく食べること。

新陳代謝を活性化させるためには睡眠も大切にすること。

そして、基礎代謝を上げるために運動をして体年齢を保つことがポイントになりますね。

見た目だけではなく、健康維持・健康増進にも繋がりますので、まずは日々の生活を振り返ってみてください。

こっそり振り返り(笑)見直せば、周りの同年代より見た目年齢が若くなるかもしれませんよ!

こっそり差をつけましょう(笑)

では、ありがとうございました。

◆美しく健康的に痩せるミネラルファスティング◆

◆ファスティング無料相談はこちら◆

登録無料|ファスティング30日間無料メール講座

6カ月でマイナス15㎏達成した食のプロ管理栄養士が、ファスティング・ダイエットを成功に導く方法を無料公開中。

管理栄養士・プロフェッショナルファスティングマイスター

村山弘美

管理栄養士・栄養士として病院や福祉施設で勤務したのち2014年に独立。

延べ2,800人の食事指導・ファスティングサポート。

ファスティング初サポートリタイヤゼロの実績があり、ファスティングを成功に導くサポート体制を確立。

現在は、起業家やプロのアスリート・芸術家など心身のコンディションを整え、パフォーマンスを上げたい方のトータルサポートをしている。

さらに多くの方の多様な悩みを解決し、健康で幸せな毎日を過ごせるようにサポートします。

 

ご連絡・フォローはこちらから

村山弘美のFB

FB・ブログ・メルマガで情報発信をしていきます(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です