ダイエット|体重はいつ測る?理想的な体重の減り方

こんにちは!管理栄養士の村山弘美です。

私が食習慣サポートをする時は、朝と晩の2回体重を測っていただいております。

えっ!2回も測るの?と思うかもしれません。

 

ですが、減った増えたに一喜一憂するためではなく、体重の変動を見ていくと、段々とあなたのダイエットの負けパターンと勝ちパターンが見えてきます。

 

もし、「体重はいつ測るといいんだろう?」「どうしても体重の変化に一喜一憂してしまう!」と、ダイエットに行き詰まっているのであれば、この記事を参考にしていただけると嬉しいです。

それでは、正しい体重の測り方と、体重を減らすために必要な情報をお届けします。

 

まずは、適正体重を知ろう!

あなたは、ご自分の適正体重をご存知ですか?

ダイエットだけではなく、適正体重を知ることは健康の第一歩です。

 

そこで用いる指標がございます。

それは、BMI(ボディ・マス・インデックス)という肥満度を判定する指標です。

BMI22を標準体重としており、一番病気になりにくい体重と言われています。

身長から計算することができるので、一緒に計算してみましょう!

 

あなたの標準体重は?

身長(m)×身長(m)×22=標準体重

です。

 

私の場合は、身長が154㎝なので、

1.54×1.54×22=52.2㎏になります。

 

つまり、52.2㎏だと健康的な適正体重になります。

ちなみに、ざっとした一覧表を載せておきますね。

BMI22の標準体重を計算できましたか?

ちなみに、BMI25を超えた場合は肥満と判定され、反対に18.5未満は痩せと判定されます。

 

私は、身長154cmなので、

BMI25=59.3㎏を超えると肥満で、

BMI18.5=43.9㎏以下になると痩せとなります。

 

しかし、これも目安であって、『体脂肪の割合は?』等、体組成にもご注意ください。

 

体重を測る目的は?

冒頭でも話しましたが、体重に一喜一憂する必要はございません。

体重は日の変動がありますので、その度に喜んだり、落ち込んだりしていては気持ちが持ちません!

 

そうではなく、自分が今取り組んでいる内容が合っているのか、体調はどうなのかといった今の状況を冷静に見つめるために測定します。

 

体重って何?

『体重が増えると脂肪が増えた』と思う方がいらっしゃいますが、そもそも体重は、『体全部の重さ』です。

脂肪だけではなく、水分も老廃物も、筋肉も内臓も全てです。

 

体重を測るのと一緒に、ぜひ普段の体調もチェックしてみてください。

そうすると、段々とご自身の体重が増える理由が分かってきます!

 

例えば、便秘やむくみがある時、女性なら生理前などは、体重が増えやすいです。

つまり、体重は食べ物だけではなく、その時の体調や生活習慣の影響も受けています。

【体重が1日で1キロ増えた!】増えた体重は、脂肪になって太ったの?ぜひ、こちらの記事も合わせてお読みください。

 

体重はいつ測るの?

まず、1回目は朝起きて排泄を済ませた朝食前です。

朝食前は、食事や水分の影響を最も受けにくい時間帯です。

ぜひ、このタイミングで測定しましょう。

 

そして、2回目は入浴前です。

できたら、夕食から2時間ぐらい経っていると良いですね。

 

理想的な体重の減り方とは?

1日の体重変動としては、朝が一番軽くて、夜はそれなりに増えているはずです。

これが自然な体重変動です。

 

そして、ポイントは次の日の朝、また体重を測りますよね。

その時に前日の夜より体重が減っている!ことが順調な体重の減り方になります。

 

この状態をつくるためには、ただただ夕食を減らせばよいというわけではありません!

睡眠がしっかり取れていて、排便もあって、活動量がなければ、思うように朝の体重が減らないからです。

 

もし、「翌朝の体重が思うように減っていない!」「夕食ヘルシーなメニューにしたのに何で?」という経験があるのであれば、夕食の食べ過ぎ以外に食事時間が遅いことや睡眠不足が考えられます。

 

もちろん、ちょっと食べ過ぎただけで、たまにの睡眠不足ですぐ脂肪になるわけではないですが、体重の増加があるということは、そのままの習慣だと確実に体脂肪に繋がります!

 

なので、体重の変動を見ながら、食事の摂り方や生活習慣、活動量の工夫をしていきましょう。

「食事」と「睡眠」と「運動」、この3つが完璧ではなくても、そこそこ出来ているバランスの良い状態がいいですね!

 

たまに、いらっしゃいます!

食事にすごくこだわって制限もしているけど、夜更かしの常習犯で夜型生活、車ばかりで活動量が少なすぎてダイエットに行き詰まっている方が・・・

ぜひ、体重の変動をみながら、食事だけではなく、日々の生活にも目を向けてみましょう。

 

測るだけではなく記録もしてね!

紙やスマホ、何でもよいので記録を残しましょう。

 

体重と合わせて、排便、体温、体調、起床時間、就寝時間、食事の内容(そんなに細かくなくても大丈夫)、間食、飲酒もメモしておきましょう!

特に、体重が増えた時は、これらの記録があると改善点が見えてきてかなり役立ちます。

 

体重が減らない、増える原因は必ずあって、知らず知らずのうちにその負のスパイラルにハマっています。

測るだけではなく記録することで、『自分の痩せやすい習慣はこれだ!』と知ることができますよ。

 

大人ダイエット習慣|痩せたかったら、早く寝よう

早寝早起きが、健康に良いことは知られていますが、痩せたかったら早く寝ようにしましょう。

私はカウンセリング時に、体重が不安定でなかなか思うように落ちない方、食欲がコントロールできていない方に『ちゃんと寝てる?』と聞くと、だいたい「寝れてないです・・・」「つい夜更かししてしまいます」と返ってきます。

 

寝不足は、食欲のコントロールを乱します。

夜更かししていて食べたくなるものって、だいたい体に良くないものではないですか?

 

こんなんとか・・・。

 

こんなんとか・・・。

暴飲暴食したりするんですよね!

睡眠不足だと、糖質と脂質を欲するので、太りやすいものをそれも夜遅くに食べたくなります!

 

夜遅くまで起きていて「何か食べたいなーーー!!!(キィーー!!)」となっている時に、「野菜にしておこう」「ヘルシーで健康的なメニューにしよう」とは、ならないですよね・・

睡眠不足は本当侮れないです!

睡眠不足は太る原因?ダイエットと睡眠についてぜひ、こちらの記事も合わせてお読みください。

 

大人ダイエット習慣|昼と夜の生活にメリハリをつけよう

そうは言っても、忙しく夜遅くまで仕事をしている人も多いはずです。

私も結構、夜遅くにブログ書いたりしてるので・・・。

昼間は活動的に過ごして、夜は夜らしいゆったりとした過ごし方ができると良いのですが、なかなかそうもいかない。

 

これも工夫が必要ではないでしょうか?

いわゆる良い睡眠を促すために、副交感神経優位(リラックス状態)の状態をつくる工夫です。

入浴タイムを大切にして

 

香りからのリラックスも良いでしょう。

 

あとは、瞑想、マインドフルネスですね。

これは睡眠だけではなく、このストレスフルな時代を自分でコントロールするために私も日々取り入れています。

 

いつまでもテレビを見ていないで、部屋も眠りにつきやすいようにしてくださいね。

それでは、まとめです。

 

まとめ

「体重はいつ測るといいんだろう?」「体重の変化に一喜一憂してしまう!」と、ダイエットに行き詰まっている方に向けて、正しい体重の測り方と、体重を減らすために必要な情報をお届けしました。

「体重が思うように減らない」「ヘルシーな食事にしているのに何で?」

ぜひ、体重の変動みながら、食事だけではなく、一緒に生活習慣も見直してみましょう。

きっと、あなたのダイエット勝ちパターンがあるはずです!

それでは、今日もお読みいただき、ありがとうございました。

■ご提供中のコースとサービスについて

【個別ファスティングをお考えの方へ】
右矢印自宅でファスティング|管理栄養士がオンラインサポート

【無料相談・カウンセリングについて】
右矢印ZOOM・対面|ファスティング無料相談
右矢印【最新】カウンセリングの場所についてのご案内

【お客様の声】
論より証拠!すでに300人以上の方がファスティングに成功しています。
右矢印お客様の声はこちら

【無料プレゼント企画】
美ヤセ断食の方法を無料で公開しています右矢印こちら
まずは、無料でファスティングについて学んでみてくださいね。

【フォロー大歓迎】
アメブロもやっています!
ファスティングや食習慣のことだけではなく、プライベートやビジネスのことも書いています右矢印こちら

【お問合せ】
お問合せフォーム右矢印こちら
お気軽にお問合せください。

公式ホームページもあります!
右矢印https://www.sowelunagoya.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です