回復食に飽きた?ファスティングの回復食でそばがオススメ

こんにちは!管理栄養士の村山弘美です。

ファスティングの回復食で、外食する時どんな物を食べたらいいの?

回復食はいつも同じようなものばかりで飽きちゃった・・。

そんな方におすすめしたいのが『そば』です。

 

なので、回復食で外食をする時は、まずは『そば』を頭に浮かべてみてくださいね。

それでは、回復食でそばを食べる時の注意点も含めて解説していきます。

 

ファスティングの回復食とは?

ファスティングは、3つのステップで成り立っています。

  1. 準備食期間
  2. 断食期間・・・基本、水とファスティング専用ドリンクで過ごす
  3. 回復食期間

です。

 

ファスティングの回復食メニューについて

もし、断食を3日間するのであれば、回復食も3日間行います。

断食を5日間するのであれば、回復食も5日間となります。

 

そして、回復食1日目と2日目は、油はまだ使えないので、ヘルシーなメニューが多く外食で食べる物がなくて困る・・・。

自炊だとしても、変わり映えのないメニューばかりで、ファスティングを繰り返すうちに飽きてしまう・・。

ということが多々ございます。

そこで、栄養満点で役立つのが、『そば』です。

 

なぜ、回復食をしたほうが良いの?

回復食を間違えるとリバウンドだけではなく、体調にも悪影響です。

断食明けは、身体が渇いたスポンジのようになっており吸収が良く、またインスリンの感受性も上がっているため慎重にゆっくり普通の食事にへ戻していきます。

通常は、おもゆやお味噌汁から始まり、おかゆや野菜スープ、サラダや納豆、もずく等の海藻類を食べながら徐々に戻していきます。

 

回復食でそばがオススメな理由

そばは、温かいそば

冷たいそば

あります。

 

回復食で選ぶ時は、冷たいそばにしましょう。

回復食ではできる限り、薄味を心がけたいです。

そこで温かいそばより、冷たいざるそばのほうが、食べる時につゆを調整できるのが良い点です。

 

回復食が始まると便が固くなる方がいらっしゃいますが、回復食食でお粥を食べ始めたり、味付けの濃い食事をいきなり摂ると、代謝の過程で水分が使われ、便秘になりやすくなります。

そのためにも、つけ汁の調整がしやすく、塩分の摂り過ぎを気を付けることができる『ざるそば』が一番おすすめです。

 

そばは栄養が豊富

そばには、亜鉛、カリウム、食物繊維、ムチン、マグネシウムが多く含まれています。

特にそばに豊富なムチンは、毛細血管を丈夫し生活習慣病の予防に効果があります。

 

回復食のそばレシピ おろしそば

ファスティングで大活躍しているのが『大根』です。

ファスティングで回復食の知識がある方なら、大根を必ず取り入れていますよね。

その回復食に欠かせない『大根』と『そば』を組み合わせたメニューです。

  • そば 1人前弱
  • 大根おろし たっぷり
  • ねぎ 少々
  • つけ汁(通常より2~3倍薄くする)

冷たいざるそばに大根おろしとねぎを用意して、つけ汁に付けながら食べます。

 

そばは食べ方に注意

そばは、のど越しを楽しむ食べ方をしますが、回復食で食べる時は、よく噛んで食べてください。

栄養面ではオススメなのですが、そばの食べ方は回復食中はNGです。

麺類なので、いつもより意識して、よく噛んで食べてくださいね。

 

うどんよりそばが良い

10割そばでない場合は、小麦粉が配合されています。

できれば8割そば、10割そばが良いです。

 

でも、小麦粉だけでできているうどんより、やはりそばのほうが回復食に向きます。

ファスティングの回復食で外食をする時、回復食に飽きてきた時は、そばをアレンジして食べてみてください。

それでは、まとめです。

 

まとめ

ファスティングの準備食・回復食のメニューに飽きてきたら『そば』をアレンジしてみましょう。

そして、外食の時も『そば』を選ぶと良いです。

但し、食材として『そば』はおすすめですが、食べる時は『よく噛んで』食べてくださいね。

温かいそばより、つけ汁を調整できる『ざるそば』がベストです。

 

そして、ファスティングの準備食・回復食が、いつも同じメニューで、飽きてきた・・

そんな方は、アレンジメニューを紹介も参考にしてみてください!

★【特典】グループファスティングの回復食に役立つ味噌汁10選

★ファスティングメニュー|回復食のお粥に飽きていませんか?

★ありきたりな回復食メニューから卒業!夏野菜そばにリメイク

 

他にも、私(村山弘美)のファスティング実践レポートを投稿しています。

ファスティング回復食2日目の夜におすすめのメニューや、ファスティングでレトルト食品を活用する方法などを参考にしていただけたらと思います。

 

なお、準備食や回復食のメニュー・レシピ付きのファスティング個別サポートコースでは減量効果に差が出る準備食の秘訣についても、お伝えしています。

 

【基礎講座】では準備食・回復食のポイントと実践方法をお伝えしています。

ファスティングの食事と普段の食事の使い分けを知りたい方は【応用講座】にご参加くださいね。

 

それでは、最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

◆今だけ『リセット・ファスティングのテキスト』無料公開中

まずは、無料でファスティングについて学んでみてくださいね。

無料プレゼントの詳細はこちらをクリック!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です