管理栄養士がおすすめ|ファスティング酵素ドリンクの選ぶポイント

こんにちは!管理栄養士の村山です。

今日は、ファスティングの時に利用するファスティングドリンクについて解説をします。

選ぶ時のポイントももちろん大切ですが、飲み方や飲む量も気になりますよね?

この記事を読むことで、ファスティング時にどんなドリンクを利用すると良いか理解できるようになります。

そして、実際にファスティングをする時の飲み方や飲む量を知ることで、安全にファスティングをできるようになるので使い方についても参考にしてくださいね。

では、早速、紹介します。

ファスティングドリンクに必要な3つの栄養素

ファスティング中の身体をしっかりサポートしてくれるドリンクを選ぶことが、まずはとても大切です。

私も様々な酵素ドリンクでファスティングをしましたが、ドリンクによってはファスティングがすごく辛かったり、それだけではなく、体重がいつより落ちなかった経験があります。

ファスティング中は食事を断っている、いわば普段とは違う状態に身体の環境がなります。

そのため、食事を摂りながら栄養補給の目的で飲むドリンクと、断食中の身体をしっかりサポートできるドリンクの違いを知って、ファスティング専用のドリンクを選ぶことがドリンク選びの第一歩です。

では、ファスティング中の身体をサポートしてくれる3つの栄養素を紹介します。

  1. 代謝をサポートするマグネシウム
  2. 脂肪燃焼をサポートするLカルニチン
  3. 美のサポートMSM

この3つの栄養素をもっと詳しくみていきましょう。

代謝をサポートするミネラル『マグネシウム』

マグネシウムは、ミネラルの一つでその中でも『必須ミネラル』であり、代謝に必要なミネラルの代表選手です。

そのためマグネシウムが不足すると、エネルギー代謝のクエン酸回路がうまく機能せずに、エネルギーが生まれず疲労がたまります。

特にファスティング中は、マグネシウムを含むファスティングドリンクで行わないと、エネルギー不足になり、省エネモードが強く出ることがあります。

具体的には、だるい、眠い、寒い、脱力感などの症状が出やすくなります。

もちろん、代謝を回すためには、マグネシウムの他にミネラルやビタミンが関わっていますが、その中でもマグネシウムは欠かすことができないのです。

マグネシウムは『リラックス』ミネラル

それだけではなく、マグネシウムは緩めるミネラル『リラックスミネラル』でもあるため不足すると、筋肉が緊張してこむら返りや筋肉痛を起こしやすくなります。

また、緩めるミネラルのマグネシウムが不足すると便も固くなり、便秘になりやすくなります。

水溶性食物繊維と同じように、便に水分を含ませてくれるので便を柔らかくしてくれます。

食物繊維を積極的に食べているのに・・・、便秘気味という方はマグネシウムを多く含む食材も意識して食べましょう。

マグネシウムは、便秘薬、下剤にも使われています。

そして、筋肉の緊張だけではなく、精神の緊張も緩めてくれるのがマグネシウムです。

イライラやストレスから身を守ってくれるミネラルと言えば「カルシウム」を思い浮かべるところではありますが、このカルシウムとバランスを取りながら、身体をサポートしてくれています。

なので、マグネシウムもイライラやストレスといった神経の興奮を抑えてくれて、筋肉同様、神経の刺激などの調整をしています。

ファスティング中も身体・精神を安定させ、便をやわらかく、そしてエネルギー代謝のクエン酸回路に必要不可欠であるマグネシウムが、ファスティングドリンクに含まれていることが1つ目のポイントになります。

準備食・回復食でもマグネシウムを意識

ドリンクのお話から外れてしまいますが、準備食・回復食でもマグネシウムを意識して摂りたいですね!

ちなみに、マグネシウムは、同じお米でも白米より玄米に多く含まれています。

穀類、豆類、海藻、魚介類、果物、種実類にも多く含まれているので、食材を見る限り『和食』を食べると摂ることができます。

そして、ミネラルは身体で作り出すことができないため、『毎日』『色々な食材』から『こまめに食べる』ことがポイントとなります。

ご飯が白米の方は、まずは玄米、部付き米、雑穀米などに変えると良いでしょう。

脂肪燃焼に必須『Lカルニチン』

Lカルニチン=脂肪燃焼と言われる程、脂肪燃焼に欠かせない成分として有名ですね!

特にファスティング中は、脂肪を分解してエネルギーを作るのですが、その時に活躍するのがLカルニチンになります。

どう活躍してくれるかと言うと、脂肪酸をミトコンドリアに運んでくれます。

ミトコンドリアはエネルギー生産工場ですので、ここに脂肪酸をせせっと運んで燃やしてくれます。

ファスティングの時に、水だけ断食や手作りの野菜ジュースでは思うように体重が落ちない・・。

あとは、ファスティング専用ではないドリンクを使用してファスティングをすると体重が思うように減らない・・・。

なんてことをよく聞きますが、代謝を上げるマグネシウムと脂肪燃焼に関わるLカルニチンが入っているかが、ダイエットにおいては特にポイントになります。

美のサポート『MSM』

聞きなれない栄養素ですが、『MSM』という有機イオウ成分になります。

細胞を作る時に必要な成分で、新陳代謝に関わっています。

新陳代謝が活発になると、お肌や髪にもツヤやハリが出てきます。

ファスティングはダイエット目的に加え、美容面を期待して行う方も多くいます。

そして、実際にファスティングをすると肌・髪の変化に驚くことがありますが、これも新陳代謝をより活発に行うために美のサポートをしてくれる成分の力を借りて、成せることなのです。

なので、まずはこの3つの栄養素が入っているドリンクを選ぶようにしましょう!

ファスティング酵素ドリンクのおすすめポイント

ファスティングドリンクを選ぶ時に、せっかくファスティングをするのなら、人工甘味料や果糖ぶどう糖液糖などを使用していないドリンクで、添加物にも気を付けたいですね。

安全に安心してファスティングをするためには、素材へのこだわりは外せないと思います。

私が取り扱っているドリンクは、残留農薬検査、放射能検査ともにクリアしたもので、人工甘味料、添加物はもちろん不使用です。

そのうえ、原液100%です。

これだけ色々なドリンクが出回っていると、中にはオススメできないドリンクもあり、値段が安いものはそれだけコストを下げて造られているので、そもそも原液100%ではなかったり、発酵熟成期間が短いものもあります。

発酵熟成させることによって、栄養素は吸収の良いカタチになるので、発酵熟成が不十分だと、ファスティングで食べることをやめているのに、体の中で消化にエネルギーを使うことになり、本来の目的から離れてしまいます。

なので、ファスティングの目的に合ったドリンクを選ぶ必要があります。

ファスティング酵素ドリンクを選ぶ時の条件

  1. 原液100%
  2. 添加物・人工甘味料・果糖ぶどう糖液糖などの甘味料不使用のもの
  3. 発酵熟成期間が1年以上
  4. 素材へのこだわり

この4点を条件に、ドリンクを選ぶと安全に安心してファスティングを行うことができます。

私が、取扱いしているドリンクは『MANA』というファスティングドリンクになります。

(KALAドリンクもあります)

新潟の妙高に工場があり、

実際に、畑を見学したり、

畑だけではなく、妙高に自生している野草を摘んだり

ドリンクの材料に触れただけではなく、

工場では、

実際に、発酵熟成させているドリンクの樽をかき混ぜさせてもらえて、

 

かき混ぜる前の原液はこんな感じなのですが、

実際に、かき混ぜると

勢い良く、ブクブク.。o○と。

ちなみに、クラシック音楽の流れているとても穏やかな空間で、穏やかそうな女性が1日2回手作業で撹拌作業をしています。

物だけではなく、そこに関わっている人や環境を自分の目で見て確かめることは、とても大切ですね。

さて、ではドリンクの飲み方・飲む量についてです。

ファスティングドリンクの飲み方とやり方

まず、ファスティングドリンクですが、240~300ml飲んでいきます。

これは、MANAドリンクの量です。

そして、飲み方がポイントなのですが、原液で飲むのではなく、水で割って飲みましょう。

割り方としては、4~6倍希釈で準備すると飲みやすいです。

飲む時は、一気に飲むのではなく、チビチビ飲みます。

『薄めて飲む』『チビチビ飲む』ことに共通することは、血糖値を安定させるための飲み方です。

原液だと甘すぎるので、薄めます。

一気に飲むとこれも血糖値が上がり、その反動で低血糖を引き起こすので、チビチビ飲むのです。

血糖値を安定させることは、無駄な空腹感を感じにくくするためでもあります。

では、優雅にチビチビ飲んでくださいね。

断食が2日以上(48時間)になる場合は、ファスティング専用の成分が入っているドリンクでファスティングをしましょう。

そして、断食中はドリンク以外に良質なお水をしっかり摂ってくださいね。

では、今日もお読みいただきありがとうございました。

◆11月グループファスティングの募集中◆

グループファスティングは、イベント特別価格での提供です。

【初心者さんにもオススメ】11月グループファスティング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です