【ファスティング2日目】だるい・眠いのはなぜ?原因と対策を解説!

こんにちは。管理栄養士の村山です。

 

早速ですが、あなたは、

ファスティング中に眠くなったり、怠くなった経験はありませんか?

 

ファスティング経験者の中には、

眠気や怠さを感じる方もいらっしゃいます。

 

実は、ファスティングの山場は断食2日目と言われており、

このタイミングで眠気や怠さを感じることがあります。

 

それでは、なぜ眠気や怠さを感じるのでしょうか。

今日は、その原因と対処法について説明します。

 

断食中に眠くなる原因とは?

省エネモードに入る

ファスティングは、

ドリンクからエネルギー源を補給しながら行います。

 

それでも、

限られたエネルギー補給のみなので、

どうしても「省エネモード」に入るタイミングがあります。

 

このタイミングは、

少ないエネルギーで身体を維持しようとするため、

極力エネルギーを使わせないようにします。

 

そのため、

体は、活動的に動いてもらうより、寝ていて欲しいのです。

エネルギーの消耗が少なくて済むので。

そして、

エネルギーがうまく回っていない時なので、

元気も出なくて、

倦怠感が出るのもこのタイミング。

 

なので、断食2日目は、

眠くて、気怠くて、何もやる気がしなかった・・。

ということにもなります。

 

断食中のだるい・眠いを乗り越えるために酵素ドリンクが必要な理由

私たちは普段、食事から栄養素やエネルギー源を摂っています。

 

しかし、

外から入ってくるエネルギー源だけではなく、

いざという時のために脂肪や糖(グリコーゲン)というかたちで貯蔵しています。

 

まず、私たちの体は、

肝臓と筋肉に糖(グリコーゲン)を貯蔵しています。

 

肝臓のグリコーゲンは、

大体6~8時間でなくなると言われています。

 

ファスティング初期は、

エネルギーとして活用できる糖(グリコーゲン)があるのですが、

断食が進むにつれて活用できるエネルギー源も減っていきます。

 

そして、肝臓以外にも、

筋肉のグリコーゲン(糖)を活用します。

 

一時貯蔵されているグリコーゲン(糖)を使うと、

今度は、筋肉の糖新生が始まります。

 

しかし、この期間が長引くと、

筋肉が落ちることに繋がります。

 

そのために、

ファスティングでは酵素ドリンクを用いて、

糖質を吸収の良い状態で摂るのです。

 

糖質はエネルギー源ですからね!!

 

エネルギー源が入ってこれば、

筋肉を分解してエネルギーを作る作業が抑制できます。

 

そして、脂肪燃焼がしっかり進めば、

糖新生もゆるやかになり、

脂肪燃焼で得たケトン体もエネルギーに使われます。

 

この「ケトン体モード」に入るまでの過程で、

エネルギーがうまく回せないと

省エネモードが強く出て、

ファスティングがつらい・・・ということになります。

 

でも、このタイミングが山場なのです。

 

ここを乗り越えると、元気も出てきて頭も冴えてきます。

いわゆる

「ケトン体モード」

「ファスティングモード」

「覚醒」に入っていけるのです。

 

どんな人がファスティング中に怠さ・眠気を感じるの?

ファスティングが辛い・・・眠くてたまらない・・

と、省エネモードが強く出る方には特徴があります。

 

●もともと糖の貯蔵が少ない

●脂肪燃焼が不得意な人

●筋肉量が少なくて、糖新生になかなかいかない人

に起こりやすいです。

 

ファスティング中の眠気・怠さによる省エネモードの対処法

対処法と言うと、すごく効く眠気覚ましの方法でもあるのかと思うかもしれませんが、

時間に余裕があれば『寝る』のが一番です。

(ごめんなさい、普通の答えで)

でも、それ以外の対処方法も説明しておきますね。

 

もともと、

糖の貯蔵が少ない方や筋肉量が少ない方は、

エネルギーが枯渇して省エネモードが強く出やすいです。

この場合は、酵素ドリンクから糖を補給すると良いです。

 

他にも、

エネルギー代謝に欠かせない

アミノ酸を摂り入れることでエネルギーチャージができます。

 

必須アミノ酸を摂ることで、

エネルギー代謝のサポートができ、

ちょっと楽になります。

 

なお、もし断食中の眠気や倦怠感が心配・・

そんな方は、土曜・日曜などの休日を活用して、

ファスティングスケジュールを組みましょう。

 

それでは、まとめです。

 

まとめ

今日は、ファスティング2日目の

眠気や倦怠感についてお伝えしました。

 

「省エネモード」に入りやすいタイミングがあることを理解して、

無理のないスケジュールを組むことと、

ドリンクからエネルギー源をしっかり補うことで、

最小限に抑えることができます。

 

断食の山場は2日目!

と言われていますが、

うまく乗り越えて、

しっかりファスティングモードに入っていきましょう。

 

なお、ファスティング中の体調が心配・・。

自分一人では対応できる自信がない・・。

そんな方は、サポート付きコースで

安心してファスティングにチャレンジしてくださいね。

断食3日間パーソナル・ファスティングコース

 

合わせて読んで欲しいブログ記事をご紹介します!

3日間ファスティングのやり方とあなたに合ったスケジュールとは?

スケジュールの組み方については、こちらのブログを参考にしてくださいね。

もしかして低血糖?断食で吐き気がひどい時の対処法

 

それでは、今日もお読みいただき、

ありがとうございました。

◆今だけ『リセット・ファスティングのテキスト』無料公開中

まずは、無料でファスティングについて学んでみてくださいね。

無料プレゼントの詳細はこちらをクリック!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です