ダイエットNG行動|ご飯の代わりにお菓子を食べていませんか?

こんにちは。管理栄養士の村山です。

ダイエットもしたい!

でも、お菓子も食べたい!

そんな思いの狭間で、ご飯さえ食べなけらば、お菓子分のカロリーぐらい調整ができるのではないか?といった考えをお持ちの方もいらっしゃると思います。

実は、この発想はとても危険で、お菓子はご飯の代わりにはなりません!

それどころか、ご飯を食べずにお菓子ばかり食べているとデブ体質・太りやすい体質となり、年中ダイエッターに陥ってしまうのです。

そこで今日は、間違ったダイエットのNG行動として、なぜ「ご飯の代わりにお菓子を食べる」のが良くないのか紹介します。

ご飯とお菓子のカロリーが同じなら太るのはどっち?

仮に、ご飯で200kcalとお菓子(スナック菓子やスイーツ等)200kcalを食べるなら、どちらが太りやすいと思いますか?

これは、スナック菓子やスイーツなどのお菓子のほうが太りやすくなります。

まず、ご飯の原材料に着目しましょう。

ご飯はお米とお水で作ります。とてもシンプルな食品ですね。

しかし、お菓子やスイーツは、砂糖や油がたっぷり使われており、糖質だけではなく脂質のリスクがあります。

バターやマーガリン、ショートニングや揚げ油など、自分の目では確認できない油が実はたっぷり潜んでいるのです。

ポテトチップスやチョコ、生クリームたっぷりのスイーツやアイスクリーム等ですね。

そのうえ、糖質と脂質の組み合わせになると、脂肪になりやすく、デブ体質・太りやすい体質になります。

痩せているのに、体脂肪率が高い女性は、スイーツ女子が多いですね。

そして、「私そんなに食べていないのに、痩せなくて困っています」と仰います。

食事量やご飯の量はそこまで多くなくても、ちょこちょこと間食をしている方が多いですね。

内臓脂肪と皮下脂肪の違いとは|あなたはどちらを落としたいですか?

 

ご飯の糖質と砂糖の糖質では、どっちが太りやすい?

ご飯の糖質はでんぷんで、糖が沢山くっついています。

そのため、沢山の糖を分解しながら、緩やかに吸収していきます。

また、玄米や雑穀米、分づき米なら、食物繊維や糖の代謝に必要なビタミンやミネラルも含まれます。

そのため、ご飯の中でも、白米より玄米、雑穀米のほうがダイエットに向きます。

精米度合で変わる『分づき米』って何?

分づき米とは、10割精米している白米に対して、何割精米しているかの度合を表します。

例えば、2分づき米なら2割しか精米していないので玄米に近いです。

7分づき米なら7割精米しているので、10割の白米に近くなります。

分づき米にすることで、玄米だと食べにくいけど、お米の食物繊維やビタミン・ミネラルを極力残すことができます。

砂糖の糖質は、すぐ吸収されて太りやすい

砂糖は、糖が2つしかくっついていないので、すぐ分解され吸収されてしまいます。

そのため、血糖値が上がりやすく、その分インスリンも分泌されます。

インスリンが分泌されれば、糖を細胞内に取り入れ余分に取り入れた分は、もれなく脂肪になります。

そのため、ご飯とお菓子の糖質の種類を比べた時も、お菓子のほうが太るリスクがあります。

もちろん、お菓子を食べない分、ご飯大盛がOKというわけではないので、量も重要になります。

炭水化物と糖質の違い|ご飯は食べたほうがいいの?

 

ダイエットだけではなく、健康のリスクが心配

お菓子やスイーツが食べたいがために、食事が疎かになると、ビタミン・ミネラル・食物繊維といった栄養素が不足してしまうので、ダイエットだけではなく、体調面が心配されます。

いわゆる、『カロリーはあるけど、中身(栄養素)がない食品』になります。

ご飯やおかずや野菜を食べる食事を基本として、嗜好品としてお菓子やスイーツを楽しみたいですね。

罪悪感のない至福のおやつタイムを味わうためにも、どちらかに偏るのではなく『食事とおやつ』をバランスよく考えましょう。

それでは、まとめです。

まとめ

ご飯さえ食べなけらば、お菓子分のカロリーぐらい調整ができるのではないか?というよくありがちなダイエットNG行動について紹介しました。

ご飯とお菓子を比べた時に

●油のリスクがあって太りやすいのがお菓子

●ご飯よりお菓子の糖質のほうが吸収が速い

この2点が、ご飯の代わりにお菓子を食べているとデブ体質になる理由です。

お菓子は、カロリーばかり高くて、食物繊維やビタミン・ミネラルが不足するので健康面でも心配がありますね。

お菓子ばかり食べて肌荒れしているようでは、痩せても美しくありません!

せっかくなら、キレイに痩せてくださいね。

それでは、今日もお読みいただき、ありがとうございました。

=========
あなただけのファスティングメニュー
管理栄養士がサポートします。
ファスティングの説明・料金・申込は公式HP
=========

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です