管理栄養士がおすすめする【簡単】食事ダイエット法

こんにちは。管理栄養士の村山です。

ダイエットでカロリー制限をしているのに、思うように成果が出ない!

そんな経験はありませんか?

私は、過去に15㎏のダイエットをしたのですが、その前は食事制限をしてもなかなか痩せることができませんでした。

そこで、今日は私も実践している【超簡単】初心者さん向けの食事ダイエット習慣についてご紹介します。

この習慣は、外食・自宅・コンビニの食事等、何処でも役立ちます。

そして、明日からすぐに取り組める簡単な内容なので、ぜひ実践してみてくださいね。

超簡単!太らない食生活の3つのルール

カロリー制限をする前に、『太らない食べ方』を実践することで、カロリー制限を最小限に抑えることができます。

もし、この食べ方を知らずにダイエットをして、思うように痩せないと、多くの方がカロリー制限をエスカレートさせてしまいます。

特に、40代以降の女性は、ダイエットに取り組んでも、以前のような結果を得ることができず、カロリー制限・糖質制限に走りやすいです。

そういった制限に走る前に、自分の食べ方の『癖』を見直してみましょう。

噛む回数を増やして『早食い』をやめる

満腹中枢を刺激するのには、少し時間がかかります。

そのため、早食いだと、「おなかいっぱいだよー」のサインを感じる前に、どんどん食べてしまい、日常的に食べ過ぎる癖がついてしまいます。

30回噛んで食ましょうと言われていますが、今より噛む回数を5回・10回増やすだけでも構いません。

30回噛むというとハードルが高いと感じる方もいらっしゃることでしょう。

まずは、今より回数を増やす意識で、落ち着いて食事をしましょう。

食べる順番を意識してみよう!

自宅の食事以外でも、外食・飲み会・コンビニの食事でも、共通してできることは食べる順番を意識することです。

いきなり、ご飯などの炭水化物ではなく、味噌汁やスープ等の汁もの

サラダから食べましょう。

そして、次におかず(たんぱく質)を食べて、ご飯を食べる。

という順番で食べると、野菜から食物繊維を摂取することで、血糖値も上がりにくくなります。

外食に行っても、コンビニで買う時も、野菜をプラスして、まず野菜から食べる習慣を付けておきましょう。

順番は、

味噌汁やスープなどの汁もの

野菜料理のサラダ等(食物繊維)※海藻やきのこも含む

お肉や魚、卵料理などのおかず(たんぱく質)

ご飯(炭水化物)

順番を意識するだけで、いつもの食事でもダイエットできますよ。

腹八分目にして、苦しくなるまで食べない

1食のうち、一口二口減らして、腹八分目にしても大した制限にはならないと思うかもしれませんが、私たちは、1日3食食べます。

そして、毎日積み重ねていきますね。

その積み重なりのなかで、満腹まで食べる方と腹八分目にできる方とでは、『太らない食べ方』と『太る食べ方』と言えるぐらい大きな差があります。

腹八分目と言っても、決して毎食食事を残してくださいと言うわけではなく、注文する時、作る時、盛り付けする時にいくらでも工夫はできます。

例えば、『小盛にしてみる』『いつもより少なめに注文してみる』『買い物する時に、買い過ぎない』等です。

目の前にある食事を我慢するのではなく、最初から盛る量・注文する量を減らすと良いですね。

それでは、まとめです。

まとめ

初心者さんでもできる【超簡単】食事ダイエット習慣についてご紹介しました。

制限をエスカレートさせる前に、ご自分の食べ方の『癖』を見直してみることをオススメします。

●噛む回数を増やして『早食い』をやめる

●太らない食生活『食べる順番』を意識する

味噌汁やスープなどの汁物

野菜やきのこ・海藻などのサラダ等の野菜料理

肉や魚、卵料理などのおかずご飯の順番で食べていきましょう。

●盛り付ける量・注文する量に注意!『腹八分目』にする

それでは、これらは意識すれば、いつでも何処でも実践できる簡単な内容なので、ぜひ明日から始めてみてくださいね。

それでは、今日もお読みいただき、ありがとうございました。

=========
あなただけのファスティングメニュー
管理栄養士がサポートします。
ファスティングの説明・料金・申込は公式HP
=========

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です