『五大栄養素の働き』について分かりやすくまとめてみました!

こんにちは。管理栄養士の村山です。

ファスティングや食をお仕事にしている方もいらっしゃると思います。

そこで今日は、『栄養学について分かりやすく知りたい!』

そんなお声にお応えしようと思います。

 

今日のテーマは『五大栄養素』についてです。

『五大栄養素』というだけあって、生きていくうえで欠かせない『栄養素ベスト5!』です。

ベスト5の栄養素を理解できると、食卓のメニューのバランスがよくなったり、外食でもより良い選択ができるようになります。

五大栄養素って何?

私たちは食事から『栄養素』を摂っています。

・炭水化物

・たんぱく質

・脂質

・ミネラル

・ビタミン

この5つの栄養素を『五大栄養素』と言います。

きっと、どの栄養素も聞いたことがあると思います。

五大栄養素の中でも、炭水化物・たんぱく質・脂質の3つを三大栄養素と言います。

炭水化物制限や、脂質制限も流行りました。

でも、三大栄養素というだけあって、どれか一つでも欠けると、生命維持活動に歪(ひずみ)が出てしまいます。

どの栄養素も、不足することなく、なおかつ過剰摂取を控えることが大切です。

五大栄養素ってどんな食品に含まれるの?

炭水化物

ご飯やパン、麺類、芋類、果物、砂糖などに多く含まれています。

炭水化物を摂り過ぎると、体脂肪として蓄えられるので肥満に繋がります。

たんぱく質

お肉や魚、卵、大豆製品に多く含まれています。

たんぱく質は、糖質や脂質と違い、貯蔵することができません。

なので、小まめに摂ることが大切です。

脂質

油(オリーブオイルやごま油、菜種油など)やバター、ラード、肉の脂、魚の油、種実に多く含まれています。

脂質は、炭水化物・たんぱく質と比べて約2倍のカロリーがあります。

なので、過剰に摂り過ぎると肥満を招きます。

ミネラル・ビタミン

ミネラル・ビタミンは、野菜、芋、海藻、きのこ、果物、肉、卵、大豆などに多く含まれています。

まず、ビタミンには、水溶性と脂溶性があります。

水溶性のビタミンは、水に溶ける性質があるので、スープや汁物にして摂るようにしましょう。

脂溶性のビタミンは、油と相性が良いので、油炒めにすることで吸収UPです。

そしてミネラルは、微量ではありますが、健康維持に欠かせない栄養素です。

また、体の中で合成できないため、食事から摂る必要があります。

五大栄養素の働きについて

五大栄養素の働きは大きく分けて3つです。

この3つの働きを車に例えてお話します。

①エネルギーになる。

エネルギー源になるのは、炭水化物・たんぱく質・脂質です。

 エネルギー源なので、車を動かす時の『ガソリン』 になります。

ガソリンとなる三大栄養素がないと、車は走ることができません。

エネルギー不足ですと、疲れやすく疲労感が増してしまいます。

②からだを作る

身体をつくる材料となるのが、たんぱく質・脂質・ミネラルです。

車に例えるなら、 車(ボディー) になります。

丈夫な車を作るためには、材料(たんぱく質・脂質・ミネラル)が必要です。

血や肉になるたんぱく質や、丈夫な骨の材料になるミネラル等があります。

身体の材料が不足することなく、小まめに摂っていきましょう。

③からだの調子を整える

身体の調子を整える働きをするのが、ミネラルとビタミンです。

車に例えるなら、 エンジンオイルや整備をしてくれる人 です。

どんなに立派な車(身体)があって、エネルギー満タンだとしても、エンジンオイルがキレイで整備・調整ができていないと、故障してしまいます。

つまり、調整役が、ミネラル・ビタミンになります。

私たち人間も、丈夫な身体とその車(身体)に合った分のエネルギー量があり、体調を整えてくれる調整役がしっかり働いていることで、生命活動を維持できています。

ですから、何かの栄養素を制限したり、身体に良いと勘違いして過剰摂取するのではなく、『ご飯(主菜)があって、おかず(主菜)があり、野菜もしっかり食べる』

そのような基本の食事スタイルを目指してみてください。

そうすれば、いつもお肌の調子も良く、いつも元気で、体調を崩すことなく、健康に生活できるのです。

それでは、まとめです。

まとめ

今日は、五大栄養素について、分かりやすくまとめてみました。

・炭水化物

・たんぱく質

・脂質

・ミネラル

・ビタミン

の5つの栄養素です。

これらの栄養素は、車に例えると

・ガソリン:エネルギー

・車(ボディー):からだをつくる

・エンジンオイルや整備の人:からだの調子を整える

働きがあります。

食事で言うと、ご飯(エネルギー)、おかず(からだの材料)、やさい(調子を整える)働きになります。

できる限り、定食スタイルを意識していきたいですね。

それでは、今日もお読みいただき、ありがとうございました。

=========
あなただけのファスティングメニュー
管理栄養士がサポートします。
ファスティングの説明・料金・申込は公式HP
=========

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です