免疫力を高める方法が、ダイエット法にもなるって本当?

こんにちは。管理栄養士の村山弘美です。

最近は、連日コロナウィルスのニュースで溢れています。

その影響もあり、日常生活が大きく変わった方もいらっしゃることでしょう。

1日も早い収束と日常生活が送れるようになることを願うばかりです。

 

そして、コロナウィルスが猛威を振るうとともに、罹らないように免疫力を高めて対策をしている方もいらっしゃることでしょう。

また、コロナウィルスに関わず、風邪やインフルエンザ、病気にかかりにくくするためには、免疫力を高める生活をすることはとても大切なことです。

 

それだけではなく、免疫力を高める方法は、ダイエット法に通じるところが多あります。

 

免疫力が高くて、元気はつらつとしていれば、太りにくくもなりますね。

それでは、今日は、免疫力を高める方法で、免疫力を上げてコロナウィルス対策をしながらダイエットもする!一石二鳥の方法をお伝えします。

 

免疫力を下げる原因とは?

まず、免疫力を高める方法を知る前に、免疫力を下げしまう原因についてお伝えします。

・加齢

・ストレス

・睡眠不足

・疲労

・栄養不足

・昼夜逆転の生活(不規則な生活)

・体が冷えている

つまり、これらを改善できれば、免疫力を高めることができます。

 

そして、ダイエットにおいても、睡眠不足、栄養不足、ストレス、不規則な生活、加齢とともに代謝も落ちて太りやすくなります。

 

免疫力を高める方法とは?

それでは、免疫力を下げる原因を見直すために、大事なポイントをお伝えします。

●睡眠

●食事

●運動

●ストレス対策

●規則正しい生活習慣

となります。

 

これは、正直、コロナウィルスが猛威を振るっている・振るっていないに関わらず、『健康』を考えるうえでの基本となります。

 

なので、『健康』『ダイエット』『コンディショニング』全てに当てはまることですね!

もし、普段から、規則正しい生活で、食事もある程度整っていて、ストレスの解消がうまくでき、適度に体を動かしていれば、体調管理やダイエットにも、思いのほか困っていないはずです。

 

でも、これだけストレスフルな時代、働き過ぎで日々の生活に追われている中で、全てを完璧に整えるは難しいかもしれません。

それに、いくら健康のため、ダイエットのためだと言っても、食事や運動が負担になるようでは、それもある意味のストレスになります。

 

そこで、無理のない範囲で実際に取り組みやすいことを紹介します。

 

免疫力を高める生活とは?

睡眠不足は、免疫力を下げる・太りやすくなる

免疫力に関わるのがリンパ球です。

このリンパ球の働きが高まるのが、夜寝ている時です。

リラックスしている副交感神経優位の状態の時です。

そのため、昼夜逆転の生活や、夜更かしをして睡眠不足だと、リンパ球が減少して免疫力が落ちてしまいます。

 

また、ストレスも免疫に関わっているの?と思う方もいるかもしれませんが、自律神経は免疫に深く関わっています。

ストレスがかかっている状態は、自律神経の交感神経が優位な状態です。

 

そのため、良質な睡眠を取ることは、日中のストレス状態から解放し、自律神経を整えてくれます。

そして、疲労が溜まった状態でも、抵抗力が弱くなるので、しっかり睡眠を取って、目覚めの良い生活を送りたいですね。

そのためには、睡眠時間を確保することから始めましょう!

 

免疫力を高める食べ物とは?

免疫力を高めるために効果的な食材には特徴があります。

色の濃い!野菜を食べましょう。

感染の予防は粘膜の健康から『ビタミンA』

色の濃い野菜『緑黄色野菜』には、ビタミンAが豊富に含まれています。

ビタミンAは、皮膚やのど、鼻、肺などの粘膜の健康に関わっているため、感染を予防してくれます。

野菜なら、人参やかぼちゃに多く、他にはレバーやうなぎにも多く含まれています。

 

抗ストレス作用のある『ビタミンC』

ビタミンCと言えば、果物を思い浮かべる人も多いでしょう。

ビタミンCは、熱に弱いので、生で食べられる果物がオススメでもあります。

そして、野菜にも果物も、旬の時期の食材には、ビタミンCが多く含まれています。

 

なので、熱に弱いビタミンCを効率よく食べられる旬の果物を食べましょう。

 

また、野菜でビタミンCが多いのは、ビタミンA同様に、色の濃い野菜です。

菜の花、ピーマン、ブロッコリー、キャベツなどです。

 

それでは、色の濃い野菜と旬の果物を摂り入れていきましょう。

 

免疫力を高めたければ、便秘を解消しよう!

免疫細胞の7割は、腸内で作られています。

なので、腸の健康を築くことが、免疫力を高める近道になります。

そこで、毎日自分で確かめることができるバロメーターが排便になりますね。

 

便秘がある方は、発酵食品や食物繊維など、腸内細菌のエサになる食事を積極的に摂ると良いです。

また、ダイエットでも便秘の方は、体重の変動の大きく、減量に苦戦します。

 

体重管理やしやすい方は、快便の方です。

 

適度な運動は免疫力を高めるだけではなく、ストレス解消にもなる!

免疫力を高めるためには、軽く汗をかく適度な運動が欠かせません。

また、ダイエットでも、甘い物がよく食べたくなる方や、ちょこちょこと間食をしてしまう方も、運動不足なことが多々あります。

そのため、ウォーキングやストレッチ、筋トレなど、まずは体を動かすことを日常に取り入れてみてください。

私は、疲れてきたな~、甘い物が無性に食べたいな~という時は、意識して体を動かすようにしています。

ウォーキングに行けない時はラジオ体操をしたり、ヨガをしたりしますよ。

 

まとめ

今日は、免疫力を高めるために取り組むことが、実は太りにくい身体作りに通じる部分があるというお話でした。

●睡眠

●食事

●運動

●ストレス対策

●規則正しい生活習慣

完璧な生活を送るのは難しいかもしれませんが、免疫力が高く、元気はつらつとした日常を送ることができたら、体調も体重も管理しやすくなります。

 

できる事から始めてみてくださいね。

それでは、今日もお読みいただき、ありがとうございました。

今年最後のグループファスティング

☑ 一人ではダイエットを頑張れない。

☑ 体が重だるくて、やる気がしない。

☑ 本当は綺麗に痩せて、自分に自信が欲しい!

そんな方へ

グループファスティングの詳細とお申込みはこちらをご確認ください!

 

村山弘美のファスティング実践を公開しています!

★【特典】グループファスティングの回復食に役立つ味噌汁10選

★ファスティングの準備食|外食でのメニュー選び方について

★ファスティングレポート|準備食2日目は薬膳カレーを食べました!

★ファスティングレポート|断食しなければ良かった・・

★甘酒ドレッシングを紹介|ファスティング回復食1日目のメニュー

★ファスティング回復食2日目の夜におすすめなメニューとは?

★【管理栄養士が実践】ファスティング回復食3日目のメニュー

ファスティングレポートはこちらからもご覧いただけます。

 

ファスティングをお考えの方に読んで欲しいブログ記事

★【初級者】3日間ファスティングのやり方と効果

★【中級者】5日間ファスティングのやり方と効果

 

個別ファスティングをお考えの方へ

★自宅でファスティング|管理栄養士がオンラインサポート

 

無料相談・カウンセリングについて

★ZOOM・対面|ファスティング無料相談

★【最新】カウンセリングの場所についてのご案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です