飲み物だけではない!チョコレートにカフェインが入っているって本当?

こんにちは。管理栄養士の村山です。

カフェインというと、飲み物ばかりに意識がいきがちです。

でも、好きな方も多いはず!

チョコレートにもカフェインが含まれています。

とくに、コーヒーとチョコレートの組み合わせが、やる気スイッチになっている、そんな方も多いのではないでしょうか?

コーヒーとチョコレートのコンビが美味しい!というだけではなく、やめられないカフェインの組み合わせでもあります!

 

今日は、飲み物だけではなく、チョコレートのカフェインについてお伝えします。

ぜひ、チョコレートのカフェインについて理解して、賢いお付き合いをしていきましょう。

 

チョコレートのカフェインにも注意!

コーヒーや紅茶のカフェインについてはご存知でも、チョコレートにカフェインが含まれていることは意外と知られていません。

チョコレートの場合は、材料に使われるカカオマスにカフェインが含まれています。

 

よく『カカオの高いチョコレートを食べています。とお聞きします。

きっと、カカオが高いほうが、健康に良さそう~、美容に良さそう~という情報から、

『食べるなら、高カカオのチョコレート!』と思い、選んでいると思います。

 

でも、カフェインの観点では、高カカオのチョコレートほど、カフェインの量は増えます。

 

チョコレートに含まれるカフェインの量ってどれくらい?

チョコレートに含まるカフェインの量について一概には言えませんが、

ミルクチョコレート1枚(50g)には、レギュラーコーヒー1杯(150ml)の1/6程度のカフェインが含まれています。(※1)

【レギュラーコーヒー1杯(150ml)のカフェイン量は、90mg程度(日本食品成分表2015年)】

カフェインの含有量で言えば、やはり飲み物系が多いです。

しかし、このブログでは、『チョコレートにもカフェインが含まれていたんだ!』と知ってもらえたらと思います。

それでは、今日のまとめです。

 

まとめ

今日は、飲み物だけではなく、チョコレートにもカフェインが含まれていることをお伝えしました。

チョコレートの原材料であるカカオマスにカフェインが含まれるので、高カカオのチョコレート程、カフェインの量は多くなります。

えっ!高カカオチョコレートなら、健康にも美容にもいいと思っていたのに!という声が聞こえてきそうです。

もちろんカカオのメリットもあります。

しかし、チョコレートは、嗜好品として食べる量には気を付けましょうね。あくまで間食です。

 

そして、ファスティング前にカフェイン断ちをする時はご注意ください。

カフェイン入りの飲み物には気を付けているのに、チョコレートにカフェインが入っていることを知らず、

『ちょっとならいいかな~と思って、チョコレートを食べていた・・』となると、せっかくのカフェイン断ちが、中途半端になってしまいます。

ぜひ、ファスティングでコーヒーなどのカフェイン飲料を控える時に、一緒にチョコレート断ちもしましょう。

それでは、今日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

【参考文献】

(※1)明治「チョコレートに含まれるカフェインの量」

http://qa.meiji.co.jp/faq/show/116?site_domain=default

=========
あなただけのファスティングメニュー
管理栄養士がサポートします。
ファスティングの説明・料金・申込は公式HP
=========

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です