コーヒー以外もご注意!飲み物のカフェインの量はどれくらい?

こんにちは。管理栄養士の村山です。

カフェインというと、コーヒーのイメージが強いですが、紅茶やお茶にも含まれています。

それだけではなく、コーラなどの清涼飲料水にも入っているのは、ご存知ですか?

実は、コーヒー以外にも、様々な飲み物に含まれています。

 

『えっ!こんな飲み物にもカフェインが入っていたんだ!』

『コーヒーだけ気を付ければいいと思っていた!』

今日は、カフェインの含有量が多い飲み物についてお伝えします。

 

カフェインを過剰摂取すると、どんな症状が出るの?

厚生労働省は、カフェインの過剰摂取について注意喚起しています。

カフェインを摂りすぎると、健康へのリスクがあるからです。

 

●めまい

●心拍数の増加

●動悸

●興奮

●不安

●震え

●不眠症

●下痢

●吐き気

●頭痛

●イライラ感

などが、言われています。

 

カフェインの摂取によって、眠気覚ましや疲労回復、集中力アップなどのメリットもあります。

しかし、カフェインを過剰摂取した場合は、デメリットが際立ちます。

 

コーヒーや飲み物のカフェインの含有量について

どの食品に、カフェインがどれくらい含まれているのか見ていきましょう。

カフェインを多く添加している清涼飲料水は、商品によって異なりますが、カフェインの含有量が32~300mg/100mlと多いです。

ここに、コーラや元気の出る系のエナジードリンクが入ります。

とくに、エナジードリンクで含有量の多いものは、コーヒー2杯分に相当するものも!

 

カフェインは、1日どれくらい飲んでもいいの?

日々の生活の中で、カフェインの力を借りたいときもあると思います。

カフェインは、中枢神経系を刺激するので、やる気や集中力が高まります。

その反面、刺激しすぎると、めまいや動悸を感じることがあります。

 

1日のカフェイン摂取量の目安

日本では、カフェインの1日の摂取量について設定はありませんが、海外には1日の摂取量を示しているところもあります。

カナダ保健省(HC)では、健康な成人は、最大400mg/日(237mlのマグカップで3杯程度)までにするよう呼びかけています。

そして、とくに注意したいのが、妊娠している女性のカフェイン摂取です。

 

妊婦は、コーヒー1日何杯まで飲んでもいいの?

WHOでは、『妊婦はコーヒーの摂取量を1日3~4杯までにすべき』だと示しています。

WHOより厳しい、英国食品基準庁(FSA)では、妊婦は、カフェイン摂取量を200mg(マグカップ2杯程度)に制限するよう求めています。

 

コーヒー以外の飲み物にも気を付けて!

「コーヒーがダメなら、日本茶で」と思うかもしれませんが、カフェインが入っています。

煎茶やウーロン茶、ほうじ茶、玄米茶にも含まれています。

 

また、カフェイン中毒の方は、コーヒーだけではなく、複合的に摂っていることもあります。

 

この機会に、ご自身が飲んでいる飲み物を見直してみましょう。

 

飲み物以外では、チョコレートにもカフェインは入っています。

飲み物だけではない!チョコレートにカフェインが入っているって本当?こちらの記事も合わせてお読みください。

それでは、今日のまとめです。

 

まとめ

コーヒー以外の飲み物にもカフェインが入っています。

コーラやエナジードリンクなどの清涼飲料水は、多く入っている物もあるので気を付けましょう。

 

コーヒー好きな方は、コーヒー以外でもカフェインを摂っていないか?

この機会に振り返って、多飲を見直してみましょうね。

それでは、今日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

参考資料:厚生労働省ホームページ  https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000170477.html

=========
あなただけのファスティングメニュー
管理栄養士がサポートします。
ファスティングの説明・料金・申込は公式HP
=========

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です