【体重が1日で1キロ増えた!】増えた体重は、脂肪になって太ったの?

こんにちは。管理栄養士の村山です。

『体重が1日で1キロ増えた』

『食べ過ぎるとすぐ体重が増える』

でも、その増えた分は、本当に脂肪になって太ったのでしょうか?

 

そもそも脂肪1キロ増えるには、相当なカロリーが必要です!

食べることが大好きな私でも、1キロ太る分のカロリーを1日で摂ることはできません。

 

えっ!カロリーは1キロ分ないのに、なんで太ったの?

と、思うかもしれませんね。

それでは、1日で1キロ増える原因についてお伝えします。

食べると体重が増える?脂肪1㎏のカロリーについて

体重1㎏増えると『=脂肪が1㎏増えた』と思う方がいらっしゃいます。

しかし、脂肪1㎏を蓄えるためには、カロリーにして7200kcalになります。

例えば、1日2000kcal摂っている方なら、いつもの約3.1倍のカロリー量になります。

冷静に振り返ってみると、カロリーでいつもの3倍、それも7200kcalも摂っていないことに気づきます。

そして、基礎代謝で消費している分のバランスを考えると約4倍のカロリー量になります。

 

そこで、少し視点を変えます!

食べたカロリーではなく、重量に目を向けてみましょう。

 

1日の食事量はどれくらい?

物理的に1食あたり500g程の食事量があれば満足すると言われています。

仮に、その量で3食食べれば、1.5㎏程の食べ物を体内に入れることになります。

 

4つの食品群の年齢別・性別・身体活動レベル別食品構成 (1人1日当たりの重量=g)

食品群別に、1日どれくらいの量(g)食べるといいですよ!と言われているものです。

これを見ると、推奨されている食品をバランス良く食べたとしたら、合計で1,375g~1,500gです。

(食材のみなので、料理に使う水分量は入っていません)

 

それでは、実際にこの食事は何gぐらいあると思いますか?

●ご飯 165g

●みそ汁 226.5g

●サラダ 124.8g

●ポークソテー 135.8g

【合計】652.1g

です。

これだけのメニューを食べれば、結構おなかいっぱいになりますね。

 

そして、この食事で658kcalです。

脂肪1キロに当たる7200kcal食べようと思えば、約11食分!

(んー、そんなに食べられない)

 

1日のカロリーはどれくらい?

年齢・性別・身体活動レベルによる目安のカロリー量です。

女性なら1日2000kcal前後になりますね。

1食のカロリーはどれくらい?

1日3食なので、1食当たりは600~700kcal程です。

 

つまり、「食べると太る」のは、単にカロリーの摂り過ぎだけではありません。

間食でも、これぜーんぶ食べても、

1000kcal以下です。約900kcalです。

ただ、この糖質と脂質の組み合わせで食べれば、脂肪になりやすいので、決して、間食をたくさん食べても大丈夫!と言っているわけではないです。

ご注意ください。

 

体重が増えやすい人の特徴

便秘やむくみはありませんか?

カロリーだけではなく、食べた量が体重に影響します。

そのため、便秘やむくみがある方は、カロリーを減らす前に食生活や生活習慣を見直して体質改善すると良いでしょう。

体質改善をせずに、ダイエットをしてもリバウンドしやすくなります。

 

それだけではなく、体重を気にするあまり、食べる量を極端に減らすことに・・。

そうなると、ますます体重の増減が激しくなります。

 

つまり、食べた物を体内で活用できる代謝の良い体をつくること!

むくみ解消して、水はけの良い体をつくること!

が、ダイエットにおいても大切です。

 

便秘についてはこちらのブログで紹介しています。

管理栄養士が教える【便秘の原因】便秘を解消する食べ物と生活習慣とは?をご覧ください。

合わせて読んでほしいブログは、ファスティングで体重が減らないどころか『増えた』のはなぜ?です。

 

それでは、今日もお読みいただき、ありがとうございました。

=========
あなただけのファスティングメニュー
管理栄養士がサポートします。
ファスティングの説明・料金・申込は公式HP
=========

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です