なぜ水分補給は大事なの?健康・美容・熱中症対策について

こんにちは。管理栄養士の村山です。

ここ最近は、30℃を超える日もあり、これから夏本番!

熱中症、脱水が心配になってきますね。

そこで、今日は「身体と水分」についてブログで紹介します。

そして、私たちの体にとって、水分ってこんなに大事なんだ~と気づいていただくことで、健康・美容・熱中症対策にお役立ていただけます。

 

体内の水分量について

早速ですが、人間の身体の水分量はどれくらいだと思いますか?

半分ぐらい・・?8割ぐらい・・。

割合は分からなくても、

「何となく水分って大事!」

「身体の多くは水分でできている」と知っている方もいらっしゃることでしょう。

 

体内の水分量については、約60%程が水分です。

例えば、60㎏の人の場合、約36㎏が水分となります。

 

もう少し詳しく説明すると

●成人の男性で65%

●成人の女性で55%

●高齢者で50%

●乳児で80%

が、身体に占める水分量になります。

この水分量を一定に保つためにも、のどが渇いてから水分補給ではなく、小まめな水分補給が大切です。

 

1日の水分補給の目安について

身体と水分の関係については、体に入る量(1日の摂取量)体から出ていく量(1日の水分排出量)についてまずはお伝えします。

私たちの身体は、1日どれくらいの水が入ってくるの?

私たちは、食事や飲み物から水分を摂っています。

もし、3食規則正しく食べ、水分もある程度適切に摂っていれば、1日2,500ml程の水分を体に取り入れています。

ちなみに、外から入れる水分以外に、身体のなかで作られる水分もあります。

代謝水と言います。

 

私たちの身体は、1日どれくらのお水が出ていくの?

最も多いのは、尿と便です。

とくに尿で1,500ml程出ていきます。

他にも、呼吸や汗で900ml程出ていき、ちょうど2,500mlの水分が身体の外に出ていく計算になります。

つまり、身体に入ってくる水分量と、出ていく水分量のバランスが取れている理想の状態になります。

 

水分の役割について

身体の約60%が水でできており、水分の役割は生命維持に欠かせません。

血液やリンパ液は、「液」という字が付くだけあって、水分でできているとイメージできるでしょう。

血液は、酸素や栄養素を全身に運んでくれています。

リンパ液は、老廃物の回収をしてくれます。

 

身体のなかで水分が多いのはどこ?

実は、水分量が多いのは、血液やリンパ液だけではありません。

皮膚や筋肉も細胞内の水分含有量が多い組織です。

なので水分不足は、お肌の乾燥に繋がります。

そして、水分不足、脱水症状が進むと筋肉のけいれんが起きるのです。

 

水分が失われるどうなるの?

体内の1%の水分が失われると・・

体重の約1%の水分量が失われると、のどが渇いて水分不足のサインが出ます。

体重の1%なので、体重60㎏の人で600mlです!

たった600mlの水分が失われるだけで、身体は水分不足になります。

なので、「のどが渇いてから水分補給をする」のではなく、のどが渇く前から小まめな水分補給が大切です。

 

体内の5%の水分が失われると・・危険!

通常、体内の水分量が5%失われると、脱水症状や熱中症の症状が現れます。

発汗、嘔吐、頭痛、食欲不振、脱力感などの症状が出て危険信号です。

 

体内の10%の水分が失われると・・赤信号!

そして、私たちの体内から10%の水分が失われると、筋肉のけいれん、循環不全を起こします。

 

体内の20%の水分が失われると・・命の危険!

体内の20%以上の水分が失わると、死に至るレベルとなり、命に関わってきます。

毎年、熱中症で亡くなられる方もいらっしゃいます。

身体の約60%が水分でできており、血液や皮膚、筋肉、臓器にも水分が含まれています。

それらが、正常に機能しなくなったら、命の危険に繋がります。

健康のため、美容のため、脱水・熱中症対策に体内の水分を維持することはとても大切ですね!

それでは、まとめです。

 

まとめ

今日は、これから熱中症・脱水が心配される真夏に向けて、身体と水分の関係について紹介しました。

体内の約60%が水分でできている!

水って大事なんですね!というお声が聞こえてきそうです。

 

正しい水分補給は、健康・美容のため、脱水・熱中症予防に繋がります。

まず、ポイントは「のどが渇いてから水分補給」では遅いので、1日のなかで小まめに水分を摂るようにしましょう。

 

水分補給のタイミングや水分補給に相応しい飲み物など、まだまだ書きたいことはありますので、引き続きブログで紹介していこうと思います。

それでは、今日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

参考文献:厚生労働省 「健康のため水を飲もう」推進運動 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/topics/bukyoku/kenkou/suido/nomou/index.html

 

 

期間限定・特別価格!夏のグループファスティング

コロナ太りを解消したい!あと3㎏痩せたい!と、ダイエットに成功するだけではなく、身体も心もスッキリ・リセットしたい!

そんな前向きな思いを共有できる仲間を募集します。

 

先着8名様には、特典もプレゼントしています。

グループファスティングに参加するだけではなく、特典もGETしてくださいね。

短期間で綺麗にコロナ太りを解消するために必要な情報もお届けしています。

さぁ、コロナを言い訳にするのは、終わりにしましょう!

緊急案内!夏のグループファスティングはこちら

 

 

=========
あなただけのファスティングメニュー
管理栄養士がサポートします。
ファスティングの説明・料金・申込は公式HP
=========

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です