【脱水予防】ファスティング時におすすめする水分補給の仕方とは

こんにちは。管理栄養士の村山です。

前回のブログでは、なぜファスティングで水分補給が大事なのかお伝えしました。

 

そこで、水分補給が大事なのは分かったけど、色々な疑問が沸いてきませんか?

水分補給は、いつ摂ればいいの?

お水だけの水分補給で大丈夫かしら?

等々、実際に水分に関わるご質問もいただきます。

 

そこで、このブログでは、飲むタイミングや飲み物の種類など、水分補給に関する疑問にお答えします。

 

いつ水分補給するといいの?

のどが渇いてから水分補給をしよう!

実は、それでは遅くて、のどの渇きはすでに「脱水」の証拠です。

 

そのため、常に小まめな水分補給が欠かせません。

それでも、特に身体の水分が失われやすい時間があります。

たくさん汗をかく、就寝中と入浴中です。

 

そのため、起床時にコップ1杯のお水を飲みましょう。

そして、入浴前と入浴後にも水分補給を忘れずしましょう。

 

お水の温度は?

水分の吸収でいえば、5~15℃の温度が胃から腸への通過が速くなります。

なので、汗をたくさんかいた時や、のどが渇いている、水分補給量が少ない時などは、冷やした水分で効率よく摂取するのも良いでしょう。

 

ただ、冷たい飲み物ばかり飲むのもオススメできないので、水分補給ができており、ファスティングが順調に行えているのであれば常温での摂取で問題ないと思います。

 

水分補給の注意点!お水だけではダメなの?

水分補給では、ミネラル(ナトリウム)と糖分の力が必要です。

水だけではなく、ミネラルと糖分も一緒に摂らないと効率よく吸収されず脱水につながってしまいます。

 

糖分は、ファスティング専用ドリンクを用いれば補うことができます。

ファスティング専用ドリンクを水で薄めて飲めば問題ないです。

 

その反面、ファスティング専用ドリンクを用いず、糖分の摂取ができない水だけ断食では脱水のリスクが高まり、本当に危険です。

ファスティング時は、ファスティング専用ドリンクを用いた水分補給を行いましょう。

 

また、糖分以外にも、ミネラル源である天然塩や梅干しも一緒に摂るようにしましょう。

汗をかくと、水分だけでは一緒にミネラルも排出されてしまいます。

 

天然塩や梅干しは、頭痛がしたら摂ろう!と、症状が出てからではなくて、脱水予防のために、小まめに摂ることをオススメします。

そうすることによって、ファスティング時の水分補給がより安全なものになります。

 

お水を飲むのが苦手なんですけど・・

カウンセリングをしていると、「水分補給が苦手なので、どう摂ればいいですか?」と、ご質問をいただくことがございます。

1回量は少なくても良いので、回数を増やすようにしましょう。

 

例えば、水分補給が苦手な方に、1回にコップ1杯(200ml)を飲むようお伝えてもなかなか進みません。

1回量は、一口、二口と少ない量で構いませんので、小まめに摂るようにしましょう。

そのためには、水分補給をしやすい環境づくりをして、いつでも飲めるように手元に準備しておいてくださいね。

そして、ファスティングにチャレンジするとお決めになったら、お水を飲む練習をすることからスタートです!

 

いざファスティングの時から・・・では、思うように水分補給が出来ないので、やると決めた時から意識して、小まめに水分補給してくださいね。

それでは、まとめです。

 

まとめ

今日は、ファスティング時の正しい水分の摂り方について具体的に説明しました。

ファスティング中は、小まめな水分補給をするこが脱水予防の第一歩となります。

 

そして、特にファスティング時の症状がなくても、天然塩や梅干しを摂りながら、ミネラル補給をお忘れなくです。

それでは、適切な水分補給で、夏のファスティングを乗り切りましょう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

合わせて読んで欲しいブログ記事

夏はとくにご注意ください!なぜファスティングでは水分補給が大事なの?

なぜ水分補給は大事なの?健康・美容・熱中症対策について

飲み物だけで過ごす。ファスティング中におすすめの飲み物ベスト3

コーヒー以外もご注意!飲み物のカフェインの量はどれくらい?

 

参考文献:厚生労働省 「健康のため水を飲もう」推進運動 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/topics/bukyoku/kenkou/suido/nomou/index.html

無料プレゼントはこちら

 

まずは、無料でファスティングについて学んでみてくださいね。

無料プレゼント企画の詳細はこちらをクリック!

 

ご提供中のコースはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です