お酒を飲むと太るの?|アルコールのカロリーについて管理栄養士が解説

こんにちは。管理栄養士の村山です。

「アルコールは飲んでも太らないんですよね?」と、ご質問をいただきます。

でも、その反対に、「お酒を飲み過ぎたら太った・・」そんな実体験をされている方もいらっしゃいます!

 

実際、お酒は太るの?太らないの?どっちなんだろう・・

今日は、そんな疑問にお答えします。

 

アルコール1g当たりのカロリーはどれくらい?

以前のブログで、「三大栄養素のバランス」について紹介しました。

そこでは、炭水化物、たんぱく質、脂質の1g当たりのカロリーについてお伝えしています。

 

実は、この三大栄養素の他に、アルコールにもカロリーがあります!

アルコール1g当たり7.1kcalです。

・炭水化物1g当たり 4kcal

・たんぱく質1g当たり 4kcal

・脂質1g当たり 9kcal

なので、三大栄養素と比べても、意外とアルコールのカロリーは高いです。

 

でも、なぜか「お酒は飲んでも太らない」「お酒のカロリーは気にしなくても大丈夫!」なんてことが言われています。

その理由についてお伝えします。

 

アルコールのカロリーは太らないって本当?

アルコールが太らない!と言われる理由は、摂取しても熱として放出されやすい特徴があるからです。

お酒を飲むと、体が熱くなるのもそのためですね。

 

そして、アルコールのカロリーは、「エンプティカロリー」とも呼ばれています。

エンプティとは「中身のない」「空の」という意味で、アルコールのカロリーは体に蓄積されにくいことから、「お酒は飲んでも太らない」というイメージがあるのではないでしょうか。

 

でも、「ビール腹」という言葉があるように、お酒を飲むと太るというイメージもありますよね。

本当にアルコールは太らないのでしょうか?

 

アルコールの飲み過ぎは太る原因に!

確かに、アルコールは熱として燃焼されやすいですが、飲み過ぎれば、中性脂肪が増えて脂肪肝や肥満につながります。

お酒の飲み過ぎで肝臓がダメージを受ければ、代謝にも支障をきたします。

アルコールのカロリーは消費されやすくても、食事のカロリーが後回しになれば、結局太りやすくなります。

 

それだけではなく、ビールなどの炭酸は、食欲を増進させるため、知らず知らずのうちに食事量が増えているかもしれません!

ぜひ、お酒は適量を守って飲んでいただきたいです。

それでは、適量とはどれくらいでしょうか?

 

お酒の飲む量は、どれくらいが適量なの?

厚生労働省は、

「節度ある適度な飲酒」として、1日平均純アルコールで約20g程度である旨の知識を普及する。
としています。

参考資料:厚生労働省ホームページより https://www.mhlw.go.jp/www1/topics/kenko21_11/b5.html

アルコールで約20gってどれくらいでしょう。

 

お酒の種類と1合の目安

アルコール20gは、日本酒の1合に当たります。

他のお酒でも望ましい飲酒量は、

・ビールは中びん1本(500ml)

・焼酎(25度)は90ml(1/2杯)

・ウイスキーはダブル1杯(60ml)

・ワインは2杯(240ml)

です。

アルコール度数の高いお酒ほど、適正量は少なくなります。

普段、飲み過ぎているようであれば、濃いお酒は薄めて飲むなど工夫しながら楽しましょう。

それでは、まとめです。

 

まとめ

今日は、お酒を飲むと太るの?太らないの?という疑問にお答えしました。

適量を超えた飲酒は、中性脂肪の上昇や肥満につながります。

お酒のカロリーは、「エンプティ(中身のない)カロリーだから~」という視点だけでお酒を捉えていると、ダイエットに失敗するだけではなく、健康も害すことになります。

ぜひ、1合(アルコール20g)を目安に節度ある飲酒をしてくださいね。

それでは、今日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

参考資料:厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイトより https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol

  -キャンペーン情報-

  ファスティングコース&食習慣コース、

  全4コースでキャンペーン中です!

  お問合せ締め切りは9月30日(木)まで。

  ぜひ、キャンペーン情報もご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です