ファスティングでレトルト食品を活用する方法

こんにちは。管理栄養士の村山です。

ファスティングでは、「レトルトは使っちゃダメだと思っていた・・」という方もいらっしゃいますが、準備食や回復食の負担も減らしたくないですか?

ファスティングをできる限り簡単に、楽に、やりたい!

そんな方に向けて、準備食・回復食でのレトルト食品の活用をお伝えします。

 

ファスティングの準備食でレトルト食品『おかず編』

植物性素材で作った『ベジカレー』を準備食で食べました。

玄米ご飯とベジカレーは、両方ともオーサワの商品です。

 

カレーライスなんて食べてもいいの?と思われるかもしれませんが、断食前日や回復食1日目・2日目を避ければ、食べてもOKです。

植物性の素材で作っているため、お肉は使っていません!

準備食・回復食は和食中心の食事となるため、和食以外が食べたくなるものです。

そんな時に、安心して食べられる「カレーライスのセット」があると、違った味を楽しむことができます。

 

カレー以外にも、

大豆ミートで作ったハンバーグも準備食・回復食で使えます。

ぜひ、「ベジ系」のレトルトおかずがあると、ファスティングの準備食・回復食の負担が一気に減ります。

 

ファスティングのご飯|レトルトのお粥とご飯を用意しよう!

ファスティング中に、お粥やご飯のレトルトがあると便利です。

自分で炊けばよいのですが、家族と別で主食を用意するのは、思いのほか大変です。

そのため、私は、お粥とご飯は常備しています。

 

ファスティングの回復食でレトルト食品を使うなら

レトルトのお粥やご飯と一緒に、みそ汁やスープも一緒に用意しましょう。

そして、みそ汁だけではなく、

具沢山のスープや野菜のポタージュも、ファスティングの時に使えます。

しかし、レトルトの汁物は、ファスティングの準備食・回復食では、味を濃く感じるかもしれません。

なので、お湯を増やして味の調整をしてお使いください。

 

ファスティング回復食|お粥と豆スープ

実際に、回復食におすすめのレトルト食品の組み合わせを紹介します。

もち麦のお粥とレンズ豆と生姜のスープです。

これらを自分で作ろうと思うと、なかなか大変ですよね。

それが、温めるだけで5分もあれば、回復食ができます。

 

「お粥炊く時間ないな~」

「具沢山のスープを作るの大変!」

そんな方は、お粥とスープのセットを常備しましょう。

回復食1日目や2日目に活用いただけます。

それでは、まとめです。

 

まとめ

今日は、ファスティングの準備食・回復食でレトルト食品を活用する方法をお伝えしました。

おすすめのレトルト食品は、

●お粥やご飯などの主食

●ベジ系のおかず(大豆で作ったハンバーグやベジカレー等)

●みそ汁や具沢山スープ

です。

 

私も、ファスティングの度に、レトルト食品を買い込んでいます(笑)

ぜひ活用しながら、できる限り簡単に、楽に、ファスティングにチャレンジください!

それでは、今日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

★ここからはお知らせです★

現在、『グループファスティング』の募集をしております。

グループファスティングには、

個別ファスティングとは違う楽しさや活気があります!

残りの2021年を自信を持って過ごせるよう、

体も心もスッキリ、リセットしていきましょう!!

なお、先着8名様限定で『スペシャル特典』もございますので、

よろしければ、ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です