ほうろく菜種油と食育&ランチを楽しむ会~油の本質と使い方を体験する教室~

      2019/02/10

昨日は、ほうろく屋主催の講座に講師として参加し、とても充実した時間をともに過ごすことができました。

↑講師陣

昔ながらの「捨てない油、使い切る油」を実現(株)ほうろく屋 代表取締役 杉﨑学

国産原料にこだわり、昭和24年当時の伝統的な製法を今に受け継ぐ菜種油搾りの職人。

そこには、ただただ油を搾っているだけではない思いと生き様がありました。

大量に早く、安く油が搾れる時代に、杉崎さんは唯一無二の油を搾る。

そのクオリティーは手仕事だからできるのです。

「油と脂のお話」管理栄養士・村山弘美

私のお話は、栄養学を織り交ぜながら「脂と油のお話」

噛み砕いて、わかりやすくあぶらの本質を解説しました。

変なヘルシー志向!

油離れ!

油は体に悪いもの!

油は控えなきゃ!

という認識があるうちは、まだまだ油の本質をご理解いただけてない。

あぶらを味方につけるのも、敵にするのも自分次第。

多種多様な時代に本物を丁寧に使うには、やっぱり知識が必要です。

ランチ担当は、完全無添加・農薬不使用の食材しか使わないお店 小牧にあるフレンチ「シェ・シュシュ」のオーナーシェフ清水勝久

おまちかねのランチは、小牧のシェシュシュ、オーナーシェフの清水さんが提供してくれました。

みそマヨネーズの実践は、みんなもうくぎ付け❤️

マヨネーズは、チューブを絞るものではなく、自分で作るものだから。

めっちゃ簡単!

プロから教わるレシピ、ポイントは、家庭で速攻役立つ。

野菜を50度洗い・お野菜たっぷり自然派ランチ

*ほうろく洋風ピラフ

**ポトフ

ちなみにポトフの味つけは、塩のみ!!!

塩だけで、これだけ美味しいポトフができるなんて!!みんな驚き・・・👀!!

*根菜のみそマヨサラダ

根菜は50度洗い。

デザートまで付いちゃって❤

豪華なランチになりました。

飢餓から飽食の日本の食事情を見続けてきた五十嵐ばあちゃんの講座

五十嵐先生は、保健学博士号をもつ管理栄養士で、元愛知県栄養士会名誉会長、日本栄養士会連盟理事、大学でも教壇に立ち続けてきた先生。

日本の食をじっと、じっと見つめてきた視点と今までの研究に基づく症状と食の話。

子供の60%がアレルギー!

体温が低いは、細胞レベルでどんな状態なのか。

とっても基本的なこと。

3度の食事が、体に、頭に、メンタルにどう影響しているか。

今の子は、袋の味(袋を開けて食べるだけのもの)は知ってるけど、お袋の味は知らん!

85歳まで管理栄養士一本で、日本の飢餓から飽食を見てきた視点は、栄養学といった学問だけではない、生き抜く知恵がぎっしりつまっている。

五十嵐先生と同じ講座でお話させてもらうことは、私にとって心臓が飛び出るほど緊張することだけど、色々な方に見守られながら無事終わることができました(^^)

ありがとうございました♡

 

 - イベント・セミナーの感想 , , , , , , , , , , , ,