【管理栄養士】ファスティング前後の魚レシピ『しらす和え』

こんにちは。管理栄養士の村山です。

ファスティングの前後では、

お肉や魚、卵などの動物性たんぱく質を

抜くように言われています。

 

しかし、ファスティングが明けてから、

ずっとお肉や魚を食べずに・・。

とはいかないですよね。

 

そこで、今日は、

ファスティングが明けから食べてOKの

「しらすの和え物」を紹介します。

 

ファスティングでは小さな魚から食べよう!

ファスティングの前後で、魚を食べる時は、

しらすのような小さな魚からスタートしましょう。

 

魚は食物連鎖の観点から、大型の魚ほど、

水銀など有害ミネラルの蓄積が言われています。

 

できる限り、食の安全性を考えて

小さな魚から摂ることをおすすめします。

 

ほうれん草のしらす和え

鉄分豊富なほうれん草は、

たんぱく質と一緒に食べることで、貧血対策になります。

 

なので、

しらすと組み合わせて、

和え物にしました。

 

材料(4人分)

●ほうれん草・・・1束

●しらす・・・40g

●ポン酢・・・お好みで

 

作り方

①ほうれん草を茹でて、冷ます。

②ほうれん草としらすを盛り付ける。

※回復食も明けていれば、かつお節を少々。

③お好みでポン酢をかける。

 

まとめ

今日は、ファスティング前後に食べてOKの

「ほうれん草のしらす和え」を紹介しました。

 

長期的にお肉や魚、卵を抜くと、

たんぱく質不足になります。

 

なので、徐々に、

小さな魚からスタートして、

たんぱく質も摂るようにしていきましょう。

◆今だけ『リセット・ファスティングのテキスト』無料公開中

まずは、無料でファスティングについて学んでみてくださいね。

無料プレゼントの詳細はこちらをクリック!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です